« 大学でしてはいけないこと | トップページ | 徹夜の明け、五十二度の酒 »

2008年5月21日 (水)

大学でやっていいこと

昨日の記事に書きましたが、
やはり大学構内でバーベキュー(※1)をやる、というのは、
あまり望ましくない行為のようです。
ほのぼのさんがコメントで指摘してくださったように、
日本でも地域によって構内バーベキューは禁止のようです(※2)。

さてそれでは、禁止された「闇バーベキュー」はどこへ行くのでしょう。

確かに登校してみたら校舎の前でバーベキューをやっていた、
という状況を想像してみてください。
わずかばかり感じるであろう邪魔くささと、
うっかり楽しげな雰囲気に呑まれ、
授業をほっぽり出してバーベキューに合流する危険性の大きさを考えると、
構内バーベキュー、特に校舎前バーベキューというのは、
学問の府としての大学を、根底から揺るがしかねない危険行為と言えるでしょう。
…いや、言えるか? …言えるでしょう。うん。言えるでしょう。

しかし実際に、過去には研究室玄関前でのバーベキュー、
禁止されてからも「闇バーベキュー」が実施されている以上、
構内バーベキュー需要は依然として高いものと考えられます。

このように、需要があるのもかかわらず、その危険性のみを敵視し、
全面禁止してしまうというのは、対応として不十分です。
日本の政策などでも、こうした禁止のみを徹底し、
代替案や段階的解決と言った方策を並行して行う、
という柔軟性が少ない対応例がまま見られることには、
少々潔癖に過ぎるのではないか、と思うことがあります。

あるいは、決まりは決まりとしつつも、
実施段階で柔軟に適応させて目をつぶるやり方もあります。
しかし、せっかくの野外バーベキューに、
どこか「闇バーベキュー」の後ろめたさを持たせる、
というのは、晴れ晴れとしたバーベキュー気分に
水を差してしまうのではないでしょうか。

そう、どこかを封じるのであれば、溜まる力を逃がす先が必要です。
この大学はその点、清濁併せ呑む度量があるようです。

Img_1021s

(クリックすると拡大します)
(火+考)肉区=バーベキュー区域

ちゃんと、構内にバーベキュー場を用意しています。
しかも正門から徒歩三分。
車でバーベキュー用品を持ち込んで一分以内に準備開始可能です。

さあ、これで我が大学へお越しの際には、
「オーまいったぜハニー、僕らの愛のバーベキューをする場所がないよ!」
なんて心配とはサヨナラです。
皆さんも安心して、鉄板でも牛ブロック(10kg)でも持ってお越しください(※3)。

※1 なお、今回は焼き肉でなく「バーベキュー」と書きました。
   そっちの方が面白いので。
※2 立て札がない地域はやっていいのかわかりませんが。
   全日本の「焼き肉禁止(バーベキュー・ジンギスカン禁止等含む)」の
   立て札がない大学の皆さん。
   今日のお昼に野外で焼き肉なんていうのもオツではないでしょうか。
   責任は一切取りませんのでご安心ください。
※2 なお、「バーベキュー」というアホっぽい語感の単語を、
   もっともらしくこれだけ列記できてたいへん満足です。バーベキュー。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

|

« 大学でしてはいけないこと | トップページ | 徹夜の明け、五十二度の酒 »

行動」カテゴリの記事

文字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大学でやっていいこと:

« 大学でしてはいけないこと | トップページ | 徹夜の明け、五十二度の酒 »