« 定番アスパラジュース情報 | トップページ | 醤油ランキング »

2008年6月 1日 (日)

夜の計算問題(全年齢対象)

怪しげなタイトルですいません。

今日は日曜ですし、頭の体操を兼ねまして、
簡単な計算問題を。

◎ 問 題 ◎
K君(仮名)が深夜に目覚め、
「暑いなー」と思い、近所のコンビニエンスストアに行きました。
K君は20元のアイス一本と、25元のジュースを買いました。


Img_3817s

(クリックすると拡大します)
このミルクあずきバーが美味いんだ…。
野菜ジュースも量が多いと(590ml)、
何か楽しくていい感じ。
失礼。問題に戻ります。


商品は、いずれも税込みの値段です。
さて、K君が支払った金額は、合計いくらでしょう?

◎ 答 え ◎
40元

いや、簡単でしたね。…大丈夫ですよ。
私も何とか二桁の足し算ならできますから。

レシートを見てみますと、何の説明もなく
「10%引き」とあります。
端数切り上げの10%引きで5元引きですから気前がいい。

と言うことで、
どうやら近所のコンビニ、深夜割引があります。

どこのコンビニでもやっているのかは不明ですが、
少なくとも、私が行く近くのコンビニでは、
当たり前のサービスのようです。

深夜まで開いていることをサービスと考える我々ならば、
むしろ深夜料金を取られることすら自然に想定してしまうところ。
実際、タクシーなどは台湾でも深夜料金を取ります。

そんなわけで、深夜に行ったおかげで割り引きされる、
という体験は非常に新鮮でした。
自分たちが深夜まで店を開けているところに、
わざわざ来てくれてありがとう、ということでしょうか?

あるいは、深夜まで人々が動き回るので客が見込める上に、
地域によっては日本よりコンビニ密度の高い台湾だからこそ、
競争の中でこうした割引が出てきたのかも知れません。
こういうところに、私たち彼らとの「サービス」観、
客と店の間での視線の取り方、さらには昼夜の感覚、
などの観念の違いが現れているのではないでしょうか。

…まあ、全く別の理由だったりするかも知れませんが。
何かご存じの方はご指摘ください。

08/06/04 追記
結局別の理由であったことが判明しました。
お時間お暇のある方は、どうぞこちらもご覧ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

|

« 定番アスパラジュース情報 | トップページ | 醤油ランキング »

行動」カテゴリの記事

コメント

この間,11時頃にセンター街にあるパスタ屋さんに入ったら,
深夜料金20%増し
だといって,深夜料金を取られました!

そんなに美味しくもない,しかもアルデンテと言いづらいぐらいの固いパスタに2000円近くも払ってきましたよ.

さすがセンター街・・・

この歳にして,軽くぼったくられました.

深夜に買い物したくなったら,そのコンビニまでは素人思います.
っておいおい,駒込からかっー

投稿: あ | 2008年6月 2日 (月) 11時07分

>あ さん
おや、そんな「宵の口」に深夜料金を取るとはひどいですね。
こちらでは十二時近くに街に出てみても、
町の小さい食堂すらわりとやっていたりするので、
彼らの「深夜」のタイミングがわかりません。
物が売れる時間帯とかぜんぜん違うんだろうなあ・・・。
そして、衝撃の事実が発覚しましたので、
後で書き足します。

投稿: 書く文和 | 2008年6月 2日 (月) 19時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜の計算問題(全年齢対象):

« 定番アスパラジュース情報 | トップページ | 醤油ランキング »