« かきあげ | トップページ | アウター »

2008年6月24日 (火)

しむら

「ファッションセンター しまむら」ってあるじゃないですか。

え、知らない?
皆さん、どれだけ流行に遅れているんですか。
服飾のチェーン店じゃないですか。
ほら、埼玉に本社がある。

ええっ、知らない!?
あの陸上競技で有名な。
服が非常に安くて、日本の女性達を非常に喜ばせている。

えええっ、知らない!!??
服が上から下まで「しまむら」に身を固めた
金髪美女がさりげなくパリの町中を歩いたりして、
合計金額で5000円いきません、みたいなCMでおなじみの。
知らない!? 本当に!?
まったく、困ったもんだな田舎者には。

…はい。
「『自分が都会に住んでいる』と思いこんでいる田舎者」
コントはこの辺でいいとしまして。

実際のところ、お住まいの近くに店舗がない方でしたら、
たまに女子マラソンなどで
「しまむら」の選手が参加しているのを見るかも知れません。
店を知らなければ何だか気づかないでしょうけれども。

基本的には女性向きの商品がほとんどで、
男性向きのものとしては、
奥さん連中に連れられたファッションに興味のない旦那さん達か、
少しずつ興味を持ちだした中高生などが、
自分の財布と相談しつつ、なるべくカッコイイ服を買っていく、
という、えーと、なんと言いますかその、
まあ、微笑ましい場所であります。
ちなみに、ここでファッションを買い慣れてしまうと、
ブランド物とか馬鹿馬鹿しくて買えなくなるので注意です。
物によっては、1000円で上下揃いかねない価格設定なので。

私の印象として、ここの服は
「何かワンポイント付けたがる」
傾向があるように思います。
ドクロのマークとか、チェーンとか好きです。
あと不思議な位置にポケット付けるのも好きです。膝とか。
メッシュ生地とかアーミー柄とかヒョウ柄とかも、
なかなかけっこうな割合で見かけます。
い、いや、カッコイイですよ。うん。

こういう書き方するとアレな感じの店ですが、
女性なら、着合わせる時のパーツとして使う分には、
ファッションの方向性によっては実用性が高いようで、
それなりに若い女性なども多く、なかなか賑わっております。

で、なんでこんな長々と「しまむら」を紹介したかと言いますと。

ある日、何気なく原付に乗っていて、
ある交差点で止まると、私の中の誰かが叫びました。

「しむら~、後ろー!!」
振り返ると奴がいました。

Img_40701s

(クリックすると拡大します)

思夢楽。
ええ、今日も出オチですけど何か。
(※なお、現地の発音は「しむら」ではありません)

「思夢楽」公式ページはこちら
まさか台湾全土に28店舗もあるとは…。
でも言われてみると、台湾の人たちにとって、
あの「しまむら」センスはストレートど真ん中かも。
今度は客層とか見て来ることにします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もこっそり混じってます。

|

« かきあげ | トップページ | アウター »

店・場所」カテゴリの記事

文字」カテゴリの記事

コメント

しまむら〜〜
そうなんですよー。私も注目していました!
私の実家は山口ですが、実家の近くにも「ファッションセンター しまむら」(笑)はあります。買ったことはないですけど。で、今私の住んでいる台北県にもあるんですよ。もともと知らなかったんですけど、ある日うちのポストに「思夢楽」の広告が入ってたんです〜。かなり衝撃でした。台湾にしまむらがあったこともそうですが、それ以上に日本チックな広告がなんかめっちゃ懐かしかった(^-^)台湾では新聞は「買いに出るもの」なので、折り込み広告ってほとんどないじゃないですか。いやー、「思夢楽」の広告の紙面割りがかなり日本っぽくて買うつもりはなくても熟読してしまいました。それにしても、日本で思うほどお安くないような感じでしたけど、そのへん文和さん、検証してみてほしいですね。

投稿: yoyo | 2008年6月25日 (水) 08時37分

>yoyoさん
なんと。山口と埼玉を制したとなれば、日本の大部分を制したと言っても過言ではないでしょう(過言だ)。
チラシに日本を感じるとは、yoyoさんもなかなかの風流人でいらっしゃる。ちなみに、私は某新聞を定期購読してますので、時々折り込みチラシが入ってます。これが時に記事より面白かったりしますので、今度ご紹介します。
まだ思夢楽商品を詳しくは見ていませんが、私としても値段設定や品揃えは気になるところ。近い内にまた訪れてみる予定です。いずれぜひ、思夢楽ファッションで台北進出を果たしたいですね。

2008/06/25 23:55 追記
リンクを開いてもらうとわかりますが、店の方ではあの字で「しむら」と読ませていることに後で気づきました。「しむら、うしろ」という心の声が正しかったとは。時に本能を信じることも必要なようです。

投稿: 書く文和 | 2008年6月26日 (木) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しむら:

« かきあげ | トップページ | アウター »