« 秘密の花園 | トップページ | 扇子あるセンス »

2008年7月31日 (木)

グミの幸、山の幸

誰でも気付くことですが、台湾では日本語を、とにかくよく見かけます。
日本で英語を使っているのと同じくらいかも知れません。

そして、あまり正確でない日本語が使われることも多いです。
私に対する自戒も含めてですが、気をつけておきたいのは、
こうしたものを見る場合に、日本語話者としての優越感を出してしまうことです。
ことさらに間違いをあげつらったり、ひどい時には嘲笑する、というのでは、
これはどうにも前向きで懐の深い話。
ほとんどは、実際にはほとんど喋れないような方が、
果敢に日本語を書いてみているのです。
相手がちゃんと日本語を学びたい、というのではなく、
ファッション程度に日本語を使いたい、というくらいの話ならば、
多少の間違いなどはあまり気にせず、
こちら側でうまいこと解釈すればいいのだと思います。

と言うわけで、今日は今まで見た商品パッケージの中で、
「綺麗な日本語」が使われている例を紹介してみることにします。
ただ上からの目線で台湾の方の日本語を褒めるのではなく、
我々自身も、自分たちの言葉を考え直す機会として、
日本語が使われる現場というのを意識してみる、
というのも良いんではないでしょうか。

まあ堅苦しいことは抜きにして、まずは文面をご紹介しましょう。
今日ご紹介するのは「ちんみ」のパッケージです。

  • 表面

ちんみ

四季の輝き、折々の山海の幸
―風味豊かな傑作だけを厳選しました。

  • 裏面

この袋は、酸化防止のための特殊フィルムを使用しており
製品の安全を期しております。
毎度お買い上げくださいましてありがとうございます。

製品の製造の際は品質、放送等に注意をしておりますが、
万一変質品等があればお買いあげの月日・店名をお書きそえの上、
現品をお送り下さい。郵送料をそえ代品をお送り致します。

*保存上の注意*
○直射日光をおさけ下さい。
○高温、多湿の場所はさけて下さい。
○開封後はお早めにお召し上がり下さい。

いや、別に真新しいこととか、特別なことは書いてませんよ。商品ですから。
ただこれが、繁体字のパッケージの中に一つだけ混じっていたら、
その印象は全然違ってきます。

日本語はほぼ完璧と言っていいでしょう。
どんな珍味か気になりませんか。
スルメか、チーズ鱈か、あるいはエビ入りおかきでしょうか?
贔屓目だとはわかっていても、綺麗な日本語が使ってあると、
ついついより美味そうに見えてしまうものです。

よろしい。お見せしましょう。
こちらです。

Img_57311s





(クリックすると拡大します)

答えは「グミ」でした。
…TPOの難しさ、改めて考えさせられます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もぺったり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« 秘密の花園 | トップページ | 扇子あるセンス »

行動」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ちわっす。
漫才師の台本風レスです。
イメージは、松っちゃんと浜ちゃん。

おいおい。
それは、「商品名」や。
日本の「珍味」はカテゴリ的名前。

なんやねそれ?

わからんやっちゃな~
つまりな、「カブト虫」に「くじら」って名前を
付けたんと一緒や。

なんやそれ、そんなアホなやつおるか。

おるがな~

どこにや。

私だよ(にしおかすみ子風)


ちゃんちゃん。
お粗末でした。
台湾には、漫才ってあるのかしらね。
コントになってしまうのから?

投稿: きよみ | 2008年8月 1日 (金) 15時34分

おお、なんか気合いの入ったレスでありがとうございます。

実際のところ、台湾で「ちんみ」と言われて何のことかわかる人はほとんどいませんので、グミに「ちんみ」と名付けても全く問題ない気はします。

なお、台湾にも漫才のようなものはあります。
一人か二人で舞台に立って語り合う、
というスタイルは日本とほぼ同じ。
ちゃんと最近の題材も取り上げています。
ただ、位置づけは落語に近いもののようです。
根強い人気はあるようですが、かなり上の世代の様子。
ご紹介したいところですが、言葉も國語ではないので、
来たばかりのガイコク人には聞き取り困難。
現状では私の能力を超えるものが多過ぎるので、
当サイトで紹介するのはしばらく先となりそうです。

投稿: 書く文和 | 2008年8月 3日 (日) 13時56分

楽しみにしています。

ところで、私も文和さんに啓発されてしまって、
プログを書き出したのですが……。

毎日書くって本当に大変ですね。

暇なときにでも、覗きにきて下さい。
今日は、ニュース的な事しか
書くことができませんでしたが、まぁ、これも日記の一種と
して、いいかって事にしようとしているのですが、今日あった事、
高校生と混じって面白いことあったのに、書くことが出来ずに、
残念です。
その上きっと、明日は忘れているかも……。


ではでは
おやすみなさい。

投稿: あすか | 2008年8月 3日 (日) 21時42分

すみません、名前が「あすか」になっていました~。
って、変えた覚えないんだけど????

あるプログに投稿するときに使っていたのが、残って
いたのかも。

ほんとうにごめんね。

トラックバックって意味もわかんないのですよ~。
だははははは。

ではでは

投稿: きよみ | 2008年8月 3日 (日) 21時58分

>きよみさん、ないしあすかさん
トラックバックは、私も今ひとつよくわかりません。
少しずつわかっていけばいいのではないかと。
そちらのブログにも、時々寄せてもらいますね。

投稿: 書く文和 | 2008年8月 6日 (水) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グミの幸、山の幸:

« 秘密の花園 | トップページ | 扇子あるセンス »