« 傘の花が開く | トップページ | 祭の中のドナドナ »

2008年7月 8日 (火)

卒業式によくある風景

毎日のように言ってますが、台湾は暑いです。
そして、別れの季節です。

皆さんもお聞きになったことがおありかも知れませんが、
台湾は9月に新学期が始まります。
と言うことは、7.8月と続く夏休み前の学期終わり、
要するに6月いっぱいが、卒業の時期ということになります。

そう。当たり前なのですが、蝉がガンガン鳴く真夏に、
卒業式やら卒業パーティやらが行われるわけです。
どうも実際にやっているのを目の当たりにしてすら、全くイメージできません。
自分の中にある「春は卒業と入学の季節」というイメージが、
予想以上に頑固に頭に残っているようです。

私の中のイメージはどうあれ、
実際に6月には卒業式が行われ、そこここで卒業パーティが行われます
(学科や研究室ごとに、何か別でやるのでしょう)。

まあ、私がイメージできないのも、あながちおかしな話ではありません。

日本のような、やや別れの寂しさと旅立ちの喜びが相半ばする、
「別れの季節」よりは、だいぶ喜びがかなり勝った印象です。
みんなものすごくハッピーで、素直に喜んでいるようです。
泣いてる生徒とかも、もう少し見かけると思っていたのですが。
大卒就職率も下がっていて、決して景気が良いわけでもないのに…。
おっと、妙に湿っぽい話になりました。

もしかすると、日本の人の場合、季節のせいばかりではなく、
卒業と同時に会わなくなる人が非常に多いから、というのも、
あれだけ悲しい感じが伴う理由の一つかも知れません。
去る人は日々に疎し、というやつです。

台湾の人は、日本の人ほどは居る場所で人間関係が決まりませんから、
あるいは日本よりも、卒業以後の繋がりが強いのかも知れません。
それに、台湾では転職や独立の意識も強いので、
会社の人間関係を、個人的なつきあいとしてそこまで重視する必要もないですから、
卒業に悲しさをそこまで伴わずに済むのでしょうか。
おっと、湿っぽい話から戻そうと思ったら、やたら分析的な話になりました。

まあとにかく、みんなやたらに勢いが良く、大学卒業が嬉しくて仕方ない様子です。

そして、私のいる大学だけなのかはわかりませんが、
卒業生のほとんどがガウンと帽子を着用します。
そんな人が構内にあふれます。
まあどんなものか、一枚お見せしましょう。

Img_42181s


(クリックすると拡大します)

そう。マンガかコントの「博士っぽい人」の格好です。
それが、浮かれ浮かれて色んなところに出没します。
食堂に行くと、博士っぽい人たちが鍋をつついてます。
売店に行くと、博士っぽい人たちがポテトチップス買ってます。
そして外を歩くと、博士っぽい人たちが色んな場所で写真撮ってるわけです。

いつもながらの人目を気にしない感じが、
この「博士っぽい人大量発生」を許しているのでしょうか。
いきなりガウンが溢れる感じは、非常に物珍しく、面白く感じます。
誰一人として着こなせてないと思うんですけどねえ…。

ただ、「コントっぽいなー」と思う心を抑えて冷静に考えてみますと、
大学の卒業式なんですから、「博士っぽい格好」をする方が当たり前なわけです。
理屈としては通る話です。コントっぽいけど。

…ん?
そういえば、どっかの地域では卒業式で、
振り袖やら羽織袴やら着るのが「当たり前」になってますね。
大学と、学問と、卒業と、振り袖や羽織袴との関係は、
一体どんなものなのでしょうか?

そんな、色々考えていそうで、けっこう大きなところで何も考えてない日本が、
何も考えてないようで、ざっくりとしたところはちゃんとしている台湾に来たからこそ、
非常に面白く感じる今日この頃です。…あ、日本って言っちゃった。

まあ要するに私の言いたいことは、こういうことです。
卒業おめでとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もびっくり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« 傘の花が開く | トップページ | 祭の中のドナドナ »

行動」カテゴリの記事

人・動物」カテゴリの記事

コメント

台湾大学に行っている大学の時の先生が,8月に帰るとの連絡が入りました.やっぱり春休み期間ってやつなんですね.
文和さんの日記読んで確信しました.
文和さんは帰国しないの?

写真見て,ガウン私も卒業式の時着たのを思い出しました

投稿: あ | 2008年7月10日 (木) 19時42分

>あ さん
いや、ガウンと卒業式は納得いきますから。
日本に居た時、ガウンの写真を見せていただいたのを思い出しました。

台湾は、もうとんでもなく暑いです。
今日も、ちょっと台北行っただけでぐったりしました。
だから帰りません。理屈になってませんが。
何といいますか、皆が暑すぎてやる気がないので、
社会全体が「夏休み感」を漂わせております。
この独特の弛緩が数ヶ月続くわけですから、
やはり楽しんでおかないともったいないです。
さあ、航空券のご予約を。

実際のところ、集中語学講習やらが入っております。
入っていない8月には、台湾一周でもしてやろうかと思ってます。

投稿: 書く文和 | 2008年7月10日 (木) 21時25分

台湾歩きで1周して欲しい!
文和さんなら余裕っしょ?!

投稿: あ | 2008年7月11日 (金) 13時56分

いやいやいや。どんなイメージなんですか私。
昔しばらく居た佐渡島一周どころか、隣の港まで歩いて行くのすら断念したのに。まあ、台湾は九州くらいありますので、今計画している原付での台湾一周も、かなり無茶ではあるのですが。まず原付買わないと…。

投稿: 書く文和 | 2008年7月12日 (土) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卒業式によくある風景:

» 【日台】台北駐日経済文化代表処代表・許世楷氏〜尖閣沖の事故「日本側が謝罪して70〜80%解決した」[07/07] [【究極の宗教】Physical Mankindism【PM】 by Humitaka Holii (堀井文隆)]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1215435881/ [続きを読む]

受信: 2008年7月 8日 (火) 20時25分

» 台湾口コミレストラン [海外旅行ガイド]
台湾の口コミレストランの情報を探してまとめてみました。人気ナンバーワンはあのレストランでした。 [続きを読む]

受信: 2008年7月 8日 (火) 22時16分

« 傘の花が開く | トップページ | 祭の中のドナドナ »