« 知らない街で知ったフリ(新竹→苗栗、2008年8月13日) | トップページ | 恐怖!妖怪百目 »

2008年8月15日 (金)

大返し(苗栗→新竹、2008年8月14日)

Wifly。
苗栗の某コーヒーチェーンで使用したところ、なぜか設定画面に入れず使用断念。
使用できる無線LANとして表示されてはいたので、
あるいはこちらのPC側の問題なのかも知れない。
要するに自分に技術さえあれば解決する問題かも知れないが、
今後も似たような状況は連発しそうな予感がする。
このコーヒーチェーンは比較的値段が安く、支店も多いだけに期待していたのだが…。
そんなわけで、「前回の報告でさっそくWifly購入しました!」
という方がもしいらっしゃったら申し訳ないことだ。いないだろうが。

さて2008年8月14日。
朝、昨日の夜市周辺で、配給みたいな売り方をしている粥を食べる。
ピータンと三枚肉のような断片がたくさん入っていて非常に美味い。

朝から33℃はある中、太極拳も終わって閑散とした公園で
(と言っても、一枚壁を隔てた後ろの道は朝の物売りであふれている)、
一人さぷさぷとかゆをなでている。
粥がなくなると、見計らったように回収のおばちゃんが来て、
「いらないの?ならちょうだい」と持っていく。
子供がおじいちゃんとやってきて駆け回り、目の前で転んで泣く。
旅なのか、いきなり一人でこの場所に投げ込まれただけなのか、
区別が付かなくなってくる。

その後、苗栗県の南部、三義へ行く。
「勝興」という廃線の駅が、昔の鉄道の風情を残して有名だと聞いたためだ。
鉄道には大して興味もない自分だが、こうした風景ものは金もかからず、
見て面白く、一人旅にはもってこいである。
そして、こうした鉄道ファンなら怒り狂うような発言を平気でできるのも、
一人旅の安っぽい醍醐味の一つである。

古い駅舎が、それほど手入れすることもなく残っており、
線路にも立ち入り放題で、みんな写真を撮っている。
少し離れたところにはトンネルもいくつかあり、
これにも入りたければ入って構わないようだ。
私は、ひんやりした空気を感じたところくらいで戻ったが。

ここから数キロ行くと、旧線の陸橋が廃線後にほっておかれ、
その後地震で崩れたものが、そのまま残っている場所がある。
もともと陸橋だったくらいなので、けっこうな山の中だが、
舗装された道もちゃんとあるようなので行ってみた。
予想以上に付近は整備されており、週末は観光市まで立つらしい。

が、平日なので、近くの養蜂場の人くらいしかいない。
台湾の観光地における平日と週末のコントラストは大変なもので、人の量が全然違う。
日本ももちろん似たような状況ではあるのだが、まとまった休みなどではない、
ただの週末時の人の混みようが日本よりもすごい気がする。
言い方は悪いが、大した観光地ではない場所、
さらに言えば、観光地ですらない普通の市場のような場所すら人であふれる。
やはり台湾全体の大きさの関係もあるのだろうか。
東京からバスで30分で京都に行けるなら、私も毎週末行ってみるかも知れない。

そして肝心の陸橋だが、ほぼ何の整備もされていない。
要するに地震で崩れた橋なので、あまり近づくと危険だと思うが、柵もない。
その割に、なぜかライトアップの設備だけ完備してある。
駅舎やトンネルについても同様だが、
整備の仕方が日本の人間から見ると不思議なバランスになっている。

そして、この道の行き帰りに二度も道を聞かれた。
でかいリュックを背負っていかにも旅装、という私になぜ聞くのだ、とは思う。
どうも私は、異常なほど人に道を聞かれやすい。
よほどお人好しにでも見え、声をかけやすいのだろうか。
それにしても、用事で行ったフィジーの街角や、
上海の大通り、さらには信号待ちのバイクから道を聞かれるに至っては、
もはや常軌を逸しているような気がする。何が人をそうさせるのか。

その後、三義の木彫博物館など見て、
バイパスに乗って一気に北上。新竹に戻った。

要するに、今は自宅にいる。

何をしてんだ、と言うおしかりはもっともであるが、
こちらにも色々事情というものがあるのだ。
昨晩の、台湾日本戦の野球鑑賞会に誘われたためである。

そんな理由で環島から戻るな、と言うのももっともだが、
それなりに興味深いことではあるのだ。
台湾の人々がどのように野球の代表を見ているのか、
日本の人間が一人だけ投げ込まれた状況でどう接するのか。
色々興味深かったのだ。
我ながら、旅と日常の区別がついていない、棘皮動物のような毎日である。

さて、それではあらためて出発することにしよう。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報。
なんと、一日一回押すだけで私が喜ぶという仕組み。一日一善。

|

« 知らない街で知ったフリ(新竹→苗栗、2008年8月13日) | トップページ | 恐怖!妖怪百目 »

業務連絡」カテゴリの記事

台湾一周記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大返し(苗栗→新竹、2008年8月14日):

« 知らない街で知ったフリ(新竹→苗栗、2008年8月13日) | トップページ | 恐怖!妖怪百目 »