« 2008/7/14~19はこんなこと書いてました | トップページ | USB充電自動車 »

2008年9月16日 (火)

バイクの天敵

さて今週は、旅行に出てしまったことで再び途切れていた、
環島中に見かけた、バイクから見た色々なものをご紹介します。
バイクから見える「普通」の風景なので、
若干「地味」なこともあるかも知れませんが、
どうぞ楽しくお付き合いください。

さて、バイクで台湾一周などしておりますと、
地域ごとに「天敵」と呼べるような存在が出てきます。
私の中で特に印象的なのは、花蓮-宜蘭間のトラック
排ガス攻撃、土煙攻撃には、本当に難儀した上に、
山道で道が狭く、内輪差で磨り潰されてはたまらないので、
抜いていくこともできません。
台湾の全バイク旅行者にとっても、かなりの強敵と言えましょう。

ですが、いまだ移動に慣れていない出発直後、
特に苦戦した相手は高速バスでした。

台湾西部方面は、高速バスが発達しています。
高速鉄道、台湾の国鉄、国内線の飛行機と様々なライバルが居る上、
バス会社自体もかなりの数があるため、
各社様々なサービス競争、価格競争が巻き起こっています。

台湾の高速バス車両は、ほとんどが各列三席。
会社・車両により清潔さなどで差があるものの、座席はおおむねソファー並です。
体格の大きい人もゆったり座ることができます。
各席一台ずつのテレビは珍しくありませんし、
全席ゲーム付き、全席マッサージチェア、などと言う剛の者もあるようです。
とにかく車内空間を、これでもかとばかりに快適にしようとします。

本数も圧倒的。国鉄や高鉄の比ではありません。
新竹-台北間などは、会社・時間帯によっては五分に一本。
思い立ったらすぐ行けるレベルなので、いつも利用しています。

まあ、バス会社の回し者ではないのでこの辺にするとしまして。
この便利さは、要するに道路を走るバスの多さに直結するわけです。
基本的に、バスは高速道路を走っているので、郊外ではあまり会わないのですが、
ほとんどの都市部付近に入ると、多くのバスに遭遇することとなります。

普通車よりもはるかに排気は多いですし、
横幅も広く、車高も高いので前も見えない、信号も見えにくい。
バスは到着時間があるので、バイクでもけっこう雑に抜いてくる。
後ろからグングン迫られると、なかなかの恐怖です。

中でも怖かったのは、とある会社のバス。
車体も車高も似たようなものなのですが、何か怖かった。
なぜか。ご覧下さい。

Img_67901s

(クリックすると拡大します)

良くわからないタッチの犬が、でかでかと描かれています。
この犬、バス会社のシンボルなので、どの車両にもあります。
二階建てバスの意味なのか、二匹連なって描かれているものもあります。
このバスに後ろから迫られると、
何だか猟犬に追われる兎か狐になった気分を味わえます。

ちなみにこの会社、最近シンボルマークを替えたようです。
今後、この犬マークのバスも、順次なくなっていくものと思われます。
猟犬に追われる気分を味わいたい方は、
どうぞお早めにバイクで旅に出られることをお勧めします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« 2008/7/14~19はこんなこと書いてました | トップページ | USB充電自動車 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイクの天敵:

« 2008/7/14~19はこんなこと書いてました | トップページ | USB充電自動車 »