« 大風吹いた(大甲→新竹→台北、2008年9月10日) | トップページ | 2008/7/7~13はこんなこと書いてました »

2008年9月13日 (土)

便利な「紙」をご紹介します

台風で、一日降り籠められています。
どうも、今日も明日もこんな具合のようで、
明日に控えた中秋節の行事も、軒並み延期です。

新学期に向け心の準備を、などと思いつつ、
日本にいる友人とチャットしたり、漫画を読んだりしているうちに、
いつの間にやら時間が経ってしまいます。
まあ、よくあるしょうもない週末です。

食事は近くの街まで出て行くのが好きな私ですが、
かなり大きな台風の中、さすがに遠出はできません。
こんな時に頼りになるのが、近くのコンビニ。
大学内なら、割引も付いてお得です。
弁当やおにぎりは、頼むと温めてくれます。
頼まなくても、わりと勝手に温めてくれます。
温かい方が美味しいので、もちろん私も温めます。

ただ、コンビニ弁当を温めた時、困るのが入れ物の熱さ。
ホッカホカになったプラ皿は、なかなかの強敵です。
そんなヤワな手を助けてくれるのが、今日ご紹介する「紙」です。
なかなか便利なものです。ご覧下さい。

Img_33141s_2

(クリックすると拡大します)

折り紙のモビールのようになった紙が、
手と熱々のコンビニ弁当の間に絶妙な距離を取ってくれます。
弁当全体を優しく包み込むので、ちょっとやそっとで落ちることはありません。
これなら、近くのコンビニだからと手ぶらで来た時でも、
なるべく熱さに触れないようにと指の先で弁当を支えながら、
「熱っ、熱っ」と間抜けな感じでふわふわ帰らずに済みます。
もちろん、温めた弁当を袋に入れたせいで、
溶け出した弁当の肉汁やら野菜汁やらが、デザートやドリンク、
午後のプレゼン資料や最新式の携帯電話とミックスされる心配もなし。
いや、これは便利。

余裕をもって、ゆわゆわとたわむコンビニ「紙」をぶらさげ、一歩外に出ると暴風雨。
雨に濡れないように弁当を小脇に抱えた結果、
「熱っ、熱っ」と間抜けな感じでふわふわ帰ったことは言うまでもありません。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« 大風吹いた(大甲→新竹→台北、2008年9月10日) | トップページ | 2008/7/7~13はこんなこと書いてました »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 便利な「紙」をご紹介します:

« 大風吹いた(大甲→新竹→台北、2008年9月10日) | トップページ | 2008/7/7~13はこんなこと書いてました »