« USB充電自動車 | トップページ | 警戒色のバイク »

2008年9月18日 (木)

バイク時の着こなし

さて、台湾でバイクに乗るときは、ほとんどの人が普段着で乗っています。
半袖短パン当たり前、上半身裸という剛の者もちらほら。
日本の方からすれば安全意識がなってない、とお思いでしょう。
いや、まあ確かになってないわけですが。
こちらでバイクに乗るのは、ほとんどが生活圏内の数㎞のため、
毎回完全装備で、とはいかないのが実情のようです。
かく言う私も、もちろん長距離では長袖を着ますが、
近くに用足しの時など、つい半袖で走ってしまう事がないわけではありません。
すいません。

そんなように、近距離移動がほとんどの台湾バイク。
もちろん会社へのバイク通勤の人も多いので、
社外の雑事をバイクでやらなければいけない局面も多い。
ですが暑い台湾、社内で長袖というわけにはいかない。
と言って、バイクで半袖は風当たりも強い(物理的に)。
これらの問題の妥協点としてでしょうか、
台湾ではこんな格好でバイクに乗る人がけっこういます。

Img_79541s_2


(クリックすると拡大します)

長袖の上着を、後ろ前逆に着て運転。
台北あたりに来て、多くの人の最初の印象は「バイク多いなー」だと思うのですが、
もう少し状況を見ていて気付くのは、この着こなしでしょう。
とにかく、この着方はバイクにおける「当たり前の着こなし」のようで、
都会の交差点などで信号待ちをしている時、対向車線で、
高そうなスーツやきっちりした制服に身を包んだサラリーマンやOLが、
けっこう高そうなコートでも、ばっちり逆さに着てわらわらと居る様子は、
何だかよくわからない爽快感を感じます。

確かに、上着のボタンをいちいちとめると台湾の気候では暑苦しく、
しかもこの着方ならば、風が服に入り込んで煽られることもない。
それなりに安全性、快適性、利便性などを総合的に考えた結果として、
この着方が定着しているようです。うん、合理的。
…何か根本的にいくつか飛ばしている気もしなくもないですが。

あ、一応言っておきますが、日本ではやらない方がいいですよ。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« USB充電自動車 | トップページ | 警戒色のバイク »

行動」カテゴリの記事

コメント

台湾ってバイク降りた後、
顔を拭くと拭いた布が真っ黒ですよね。^^;
それでこの着方も「なるほど!」と思いました。

バイク通学、気をつけてくださいね。

投稿: reachia | 2008年9月18日 (木) 17時22分

>reachiaさん
ありがとうございます。
私は市街からやや離れた大学構内に住んでいるので、
バイクはどちらかというと、市街行き用の交通手段です。
街の灯に釣られてふらふら、今日もバイクで出て行きます。

なるほど、マスクと同じく排ガス対策ですか。
そう言えば、バイク用の古い長袖を用意してる人もいますね。
ちょっと良さそうなコートでも逆さに着てしまうのは、
なかなかの素敵さです。

投稿: 書く文和 | 2008年9月18日 (木) 20時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイク時の着こなし:

« USB充電自動車 | トップページ | 警戒色のバイク »