« 台湾一周での持ち物をご紹介します | トップページ | 2008/6/29~7/5はこんなこと書いてました »

2008年9月 1日 (月)

街にジャストなバイクとは

さて、昨日もご紹介した我が「無我・やさぐれ号」ですが、
排気量125ccであります。

台湾のバイク事情については他にちゃんとした情報がたくさんありますし、
うっかり嘘を言っても困るのであまり細かくは書きませんが、
125ccは税金も安い、力もそれなりにある、沢山作られていて安めということで、
今も台湾ではかなり多くの人が乗っているもののようです。

そんなわけで、安めの中古バイクが欲しい私の需要にも、
125ccの中古が丁度良いわけです。
大学近くに住んでいるおかげもあって、卒業までの通学用だったのでしょうか、
走行距離も短め、状態も悪くなく値段も新品の半額ほどという、
それなりにお値打ちのバイクを買うことができたのでした。
環島も故障なくできましたし、まず満足と言ってもいいでしょう。

ただ、日本での需要はどんなものなのでしょう?
どのくらいの排気量が主流なんでしょうか。
私は日本でバイクに乗ることはほとんどなかったので、
細かいことが良くわかっていません。

ただ、先日入手した情報によれば、どうも日本に最適なのは250ccだそうですよ。

はい。

バイカーの皆さん、お気持ちはわかりますが、反論は少しお待ち下さい。

別に私も、何の根拠もなく言っている訳じゃありません。
ちゃんと、そう言っている人がいるんですよ。
証拠写真もあります。ほら。

Img_28291


(クリックすると拡大します)

「日本の街と人にジャストなのが250」

あ、でもよく見ると何が「250」かは書いてませんね。
250ml缶の飲み物のことだったらすいません。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« 台湾一周での持ち物をご紹介します | トップページ | 2008/6/29~7/5はこんなこと書いてました »

台湾一周記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 街にジャストなバイクとは:

« 台湾一周での持ち物をご紹介します | トップページ | 2008/6/29~7/5はこんなこと書いてました »