« 「共感できない」を楽しむ | トップページ | 開いた口を塞がない »

2008年10月 9日 (木)

汗水たらして

さて、昨日は急に映画の感想というか、
何というか良くわからないものを書きました。
皆さんの共感を得られたかどうかは相当微妙だと思いますが、
私には面白かったです。

さて、ふたたび台北で見かける風景。
今日は短くサッといきましょう。

台北は、巨人のような街です。

汗水垂らして働いた人々の力が、
都市の血液のように駆けめぐり、
24時間休むことなくこの大都市を動かしています。

いえ、これはたとえではなく、
人々の汗水が集まり、台北中を駆けめぐる、
そんな水路が地下に用意されているのです。
こんな風に。

Img_53311s


(クリックすると拡大します)
北汗水。

大都市の中で、自分が見えなくなった人も、
これを見ることで、何と言うことのない自分でも、
この台北を動かす力となっているのだ、と、
休むことなく活きる人々の力を深く思い致すわけです。

…はい、嘘です。
よく見ると、「汗」とは字が違うことがおわかりでしょうか。
正しくは「北汚水」と書いてあるわけです。
普通に下水道ですね。

でも、一瞬でもこうやってわざと誤読することで、
台北が一個の生き物に見えて、
何だかものすごい力の渦の中に一人立っているような、
心細くもあり、頼もしくもあるような、
不思議な気分にさらされて少しぼんやりしてしまうのは、

私一人では、

ない、

でしょうか?

共感して貰えないと思って不安なら、
最初から言わなきゃいいのに、と自分でも思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« 「共感できない」を楽しむ | トップページ | 開いた口を塞がない »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 汗水たらして:

« 「共感できない」を楽しむ | トップページ | 開いた口を塞がない »