« 「日式」はどこにある―はじまり | トップページ | 「日式緑茶」は無糖らしい »

2008年11月12日 (水)

コンビニからはじめよう

さて昨日、日式を巡る冒険を始める、
などと大見得切ったのは良いものの。

最近、うっかり忙しかったりするので、
自分の用事で主に家に居たり、
同じ場所で延々と作業していたりすることが多いのです。
と言うことで、大して何も見ておりません。
この状況で、何をどうやって「日式」を探るものか。

ですが実際のところ、それほどの不安はありません。
こう言うときは、あそこに行けばいいのです。

そう、コンビニです。

とにかく数の多くなった台湾のコンビニで、
日本に関わるどんな食べ物があるか、
どんな食べ物を日本に関わると思っているか。
ここから始めてみたいと思います。

とりあえず、何かしら一品見付けて始めましょう。
と言うことで、すぐ傍のコンビニで何か買ってきます。

…行ってきました。買ってきました。

おにぎりと緑茶です。

Img_52451s


(クリックすると拡大します)

まあ、日本と変わりのない普通のとりあわせですね。
こんなどうでも良い組み合わせを、
堂々と写真付きで紹介できるのは当サイトくらいでしょう。
何の自信かさっぱりわかりませんが。

まあ、それくらい普通に見えることからしても、
「これは日本的だ!」と言われたならば、
確かに日本でもよく見かける取り合わせですし、
「これで代表させるか?」という疑問はあるにせよ、
まあそこまで違和感はないものかと思います。

今までちゃんと見たことはなかったですが、
成分表など見てみますと、その中に
「天然緑茶茶葉(日式煎茶)」とあります。
どうやらこの商品では、茶葉の作り方が違う、というところを、
台湾の緑茶と違う点として注目しているようです。
ちょっとしたところですが、「製法が違うから違う」と理由を明確にして、
もちろん緑茶も含めて、既に色々なお茶が飲まれている台湾に、
「日本の緑茶」であることをアピールし、位置づけようとする、
そんな会社の工夫やこだわりが垣間見えるような気はします。

さて、そろそろ十五分経ちます。
何だか実に地味なスタートですが、まあしばらく続けてみましょう。
明日も、続けて緑茶(ペットボトル)を眺めることにします。
そこはかとない不安に包まれたライブ感を、どうぞお楽しみ下さい。

にしても、今ニュース見ながら書いてますが、
昨日から始まり、と言うのはまた、変なタイミングになったなあ…。
何のこと言ってる、とお思いの方は国際ニュースで台湾の項目をご覧下さい。
なんか起こってます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« 「日式」はどこにある―はじまり | トップページ | 「日式緑茶」は無糖らしい »

」カテゴリの記事

日式」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンビニからはじめよう:

« 「日式」はどこにある―はじまり | トップページ | 「日式緑茶」は無糖らしい »