« ベーコン半熟卵サラダおにぎり(売れてます) | トップページ | 「定番感」はどこから来るの »

2008年11月29日 (土)

黒胡椒と豚なあいつ

今週末が妙に忙しいので、
とりあえず普段通りの更新です。

今日は、再び「定番」らしいおにぎりの紹介です。
これも値段は安く抑えられています。

Img_58231s (クリックすると拡大します)

つまり「黒胡椒豚『柳』」おにぎりですね。
私の拙い語学力で訳して間違ってると困るので、
一応そのまま書きましたが、
「柳」というのはまあ細切りといった意味でしょう。

そして中身。

黒胡椒(豕+者)柳飯(米+團)
成(イ+分):特級壽司米、(豕+者)肉、蔬菜、調味料、原味海苔、天然海鹽

わりとシンプルですね。
どんな「蔬菜」と「調味料」なのかが今ひとつわかりませんが。
要するに、黒胡椒メインでスパイシーに味付けした豚肉の細切れ、
が入ったおにぎりということになります。

値段の割に、確かに満足感が高い。
味も濃くて、「ベーコン半熟卵サラダ」と同じく、
ジャンクな副食と一緒に食べても負けなそうです。

中身がどんな味か、説明が難しいのですが、
台湾の安食堂に行ったときによく見かける感じがします。
具体的には、

炒め物だけれども味付けのタレがやたらに多く、
かといってドロドロともしていないので、
半ば汁かけご飯のようになっているおかず。
かといって肉と分離してしまった訳でもなく、
ややゲル状になった「味」の中に、
細かい豚肉の細切れが和えてある、といった風情。

と、そんな中身になっています。
いや、全然美味そうに書けませんでしたが、
胡椒が利いててけっこう美味いんですよ。

例えて言うならば、
「ベーコン半熟卵サラダ」が、
ドレッシングという「絡め手」からねじ伏せてくるのに対し、
「黒胡椒豚細切り」は、
黒胡椒という「爆発力」で突き抜ける。
前者が王道、後者が覇道と言ったところでしょうか。

これだけ色々な言い方を駆使して書けば、少なくとも、
もはや私に味を美味そうに伝える気も、能力もない、
ということだけはわかっていただけるかと思います。
実際に美味いかどうかは、台湾にお出でになってお試し下さい。

とりあえず、明日は少し話をずらして、
この二つの「定番」を考えてみたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« ベーコン半熟卵サラダおにぎり(売れてます) | トップページ | 「定番感」はどこから来るの »

」カテゴリの記事

日式」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒胡椒と豚なあいつ:

« ベーコン半熟卵サラダおにぎり(売れてます) | トップページ | 「定番感」はどこから来るの »