« 「日式」でない緑茶にもいろいろある(1) | トップページ | 無糖だが「日式」でない緑茶もある »

2008年11月15日 (土)

「日式」でない緑茶にもいろいろある(2)

さて、昨日の続きです。
日本にいる先入観で言えば、
手を出すのが一瞬はばかられるような品、
緑茶のミルクティーです。

Img_52751s_2


(クリックすると拡大します)

昨日と同じ写真ですが。
紙パック飲料として、台湾では、普通にコンビニに置かれています。

これを出している会社では、
紅茶のミルクティー、烏龍茶のミルクティーも出しています。
飲んでみますと、茶の味がしっかりしていて、確かにミルクに負けてはいません。
わざわざ紅茶・烏龍茶に緑茶と三種類出すのは、
どの茶葉にも自信がある、ということなのかも知れません。

砂糖が入っている緑茶自体は珍しくない、
と言うよりも、市販されているペットボトルなどの「緑茶」には、
砂糖が入っているものがほとんどですので、
緑茶ミルクティー、に到達する道のりは、
日本に比べればそれほど大きな一歩ではないでしょう。

確かに、もともと同じ茶葉から作られているのですから、
紅茶での飲み方を、緑茶や烏龍茶に試してみる、
というのは、よく考えればあまり無茶な話でもありません。

どうも、ここからうかがえるのは、「台湾が珍しい」という事ではなく、
我々が思う「お茶」、特に「緑茶」と言った際に、
思っている以上に、色々なイメージがはっきりと固まっているものらしい、
と言うことなのかも知れません。

まあ、日本の「緑茶」イメージも、かなり気にはなりますが、
そこに踏み込む知識も時間も十分ではありません。
せっかくの台湾住まいですから、
この話はどなたかにお任せし、泣く泣くあきらめまして、
また明日から「台湾の人から見た『日式』」を見ていきましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« 「日式」でない緑茶にもいろいろある(1) | トップページ | 無糖だが「日式」でない緑茶もある »

」カテゴリの記事

日式」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日式」でない緑茶にもいろいろある(2):

« 「日式」でない緑茶にもいろいろある(1) | トップページ | 無糖だが「日式」でない緑茶もある »