« 日式は「ちょっと小さい」のか | トップページ | 「ちょっと少ない」は戦略なのか »

2008年11月19日 (水)

お詫びして白状します

さて、今日は皆様におわびすることがあります。

第一回の写真。
皆様はおぼえておいででしょうか。

Img_52451s


(クリックすると拡大します)

おにぎりと緑茶のペットボトルですね。

日本で買っても、普通に手に入りそうな組み合わせで、
何の違いも無いように見えるものでした。

ですが、昨日の記事を読み、上の写真と比較してご覧になれば、
私のおわびしたいことがおわかりいただけるでしょう。

Img_54271s_2

一応昨日の写真も載せておきます。
(クリックすると拡大します)

そう。初日の写真のペットボトルは500mlです。
もっと大きなペットボトルが主流の台湾で、
日本の方が見慣れた500mlのペットボトルをあえて選び、
始まりから余計な違和感を感じさせまいとした、姑息な戦略でありました。
台湾の実情から外れた紹介をしたこと、どうぞご勘弁下さい。

いや、言い訳するわけではない、わけではなくて言い訳ですが、
別にただ騙したかったわけではないんです。

今回、「日式緑茶」を味や種類から考える、
というところから入りたかったので、
ペットボトルがでかい、ということに先に目が向くと、
どうしても話がややこしくなるなあ、と思いまして。
話の流れを考えた配慮ということで、お許し下さい。

お詫びも済んだところで、また明日は日式緑茶の話です。
どこまで続く日式緑茶。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« 日式は「ちょっと小さい」のか | トップページ | 「ちょっと少ない」は戦略なのか »

」カテゴリの記事

業務連絡」カテゴリの記事

日式」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お詫びして白状します:

« 日式は「ちょっと小さい」のか | トップページ | 「ちょっと少ない」は戦略なのか »