« 私は如何にして肉鬆に慣れし乎(2) | トップページ | 携帯は機種で選ばない »

2008年12月 4日 (木)

時には携帯の話を

さて、今日も今日とておにぎりのこと書こう、
と思っていたのですが。
若干タイムリーな(それでも一週間遅れ)な話を。

昨日の夜、日本の友人とチャットしておりまして、
なぜかノキア携帯日本撤退(正確には一部残りますが)の話になりました。
このニュース、発表は先週のことでして、
ほぼ日本ニュースそのままの形(素材含め)で、
台湾でも同日に放送されておりました。
ですが、日本の友人たちには、ほぼ何の興味もない話題だったようで、
話を振ってみても誰も知りませんでした。

携帯メーカーに関わっていたことのある方や、
いわゆるIT系の情報に詳しい方でしたら、
このニュースはけっこうな衝撃のようなんですが、
私も日本に居ましたら、「ふーん」で済ませた、
程度のニュースだったように思います。

全く経済・産業無知の私が言うことなので、
統計やデータに関して、具体的にどう、というつもりはありません。
と言うか言えません。

ただ、ほぼ何も考えずに台湾にやってきて、
台湾の携帯電話を使うようになってみた結果として、
このニュースに対する自分の反応が、
明らかに日本にいる時とは違ったものになったようなので、
おにぎりはしばらく休んで、そんな話を何日かしたいと思います。

あ、最初に何か誤解されないように言っておくのですが、
今回の話、詳しい方には、知識としてはほぼ何のためにもなりません。
ましてや、間違っても「IT業界を斬る!」みたいなことではありません。

普段からやっているような、
台湾の人の「物」の見方をつらつら眺めて、
日本と比べてへー、ほー、などと言ってみる、
というのが、今回も目的であります。

日本に住んでいて何となく携帯電話を使っている、という、
どちらかというと携帯電話に興味のない方々に対して、
「へー、わりと違うんだなー」と面白がって貰いたい、
と思って書くことにした次第です。

鵜の目鷹の目の業界の皆さんに、少しでもためになるとすれば、
日本の携帯電話の状況だけを知っている人間が、
海外の状況にどう適応していったか、
というモデルケースの話くらいでしょうか。

そんなもんですので、生き馬の目を抜くビジネスマンの皆様、
今後のビジネス展開に使えるかも、と思って読んでみて、
「即戦略として役に立たねえよ!」と怒られても困りますので、
あらかじめご注意下さい。
元からそういう役に立たないのが目的のサイトです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« 私は如何にして肉鬆に慣れし乎(2) | トップページ | 携帯は機種で選ばない »

行動」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時には携帯の話を:

« 私は如何にして肉鬆に慣れし乎(2) | トップページ | 携帯は機種で選ばない »