« 電話番号だけ持ち歩けます | トップページ | 年末は二度、君の肩をたたく »

2008年12月 9日 (火)

携帯を見つつ、おろおろ歩く

で、皆さんもうお忘れでしょうが、
この話、ノキア日本から撤退、
というニュースから始まって、こんな流れで話が進みました。

12/4 時には携帯の話を
:日本で、あまりどうでもいいらしいノキア撤退
12/5 携帯は機種で選ばない:携帯電話は携帯会社の物、というイメージ
12/6 PDAだけおくれ:電話契約とセットを希望される日本
12/7 契約と機械は別:台湾では、電話の契約は契約、機械は機械
12/8 電話番号だけ持ち歩けます:SIMカードで機械関係なく使える

さて、ノキア撤退の理由として挙がっていたのが、
「日本向け製品展開のための投資を続けられない」
と言うものでした。

たぶん私が日本で、
何となく携帯電話を使っているだけでしたら、
「怠慢な話だなあ」「ちゃんと日本市場に合わせろよ」
と思っただろうなー、と感じたわけです。
これは、そんなにおかしな発想ではないと思います。

ですが、台湾で携帯電話を契約し、使ってみる中で、
携帯電話の契約と携帯電話の機種が別、
ということが多いらしいとわかってくるわけです。

そんなことを思いつつ、ヨーロッパからの留学生などを見ると、
自分の国のSIMカードと、台湾のSIMカードを組み合わせたり、
持って帰って使うためにスマートフォンの機種を選んだりしている。
携帯電話(の機械)が、どこの国でも使えるのが当たり前、
といった発想で考えているようなのです。

そうするとどうも、私が当たり前と考えていたような、
日本の携帯電話というものの位置づけが、
他の国とかなり違うんではないのか、と気付くわけです。

いや、それが良いとか悪いとか、
そう言う話をしたい訳じゃありません。
良いとか悪いとか、そういうすぐに役立つ話は、
ビジネスやら政治やらがやってくれればよいことです。

日本に合わせて、自分たちで開発をしていったからこそ、
こういう現状に至っている、ということなんでしょうし、
メーカーは誇りこそすれ、恥じることもないでしょう。
そして、これからどういう風にやっていくかも、
これはメーカーの勝手だと思います。

ただ、使う側に便利になり得る方向性なら、
それを要求していくのも使う側のつとめかなー、と思うのです。
「日本には日本のやり方がある」「サービスって物がわかってない」と、
買う側が一緒になってメーカーを擁護するこたないだろ、と思わなくもないわけで。

要するに、たとえば、
海外にはSIMカードだけ持っていって、
電話機を適当に現地調達すれば、
日本のSIMカードを挿してやれば、
日本の番号番号で海外でも携帯電話が使える。
※ただし、こうしたかけ方の場合、
日本から国際電話をかけるのと同じ料金になるとは思いますが。
それでも緊急用としては便利でしょう。 ※

海外から買ってきた機種が、
受信できる電波の種類などが対応していれば、
日本の携帯電話会社のSIMカードを挿してやることで、
日本の携帯料金、サービスを利用できる。

こんなことが、どの機種でもできれば便利だな、という話です。
まあ、やっぱりこれはこれで便利だと思います。
できそうならやってくれよ、と思うのは、
使う側として変な要求とも思わないですが、いかがでしょう。

まあいずれにしましても、
これから日本の携帯業界がどうなっていくか。
はっきり言いましょう。
私には今のところ、どうでもいいことです。

ただ、別に事情通だったり知識に通じた人でなくても、
私のように薄ぼんやりと、
台湾の日常を体験し、眺めているだけでも、
意外と日本で過ごした頃よりも分かってくるところがある。
日常を知識として血肉にしていける体験。
そのこと自体が非常に面白い、
と、こういうことを言いたいだけのことです。

もちろん、こういう考え方をしていても、
最新動向に追いついたり、全く新しい流れを起こしたり、
そういうことはできないでしょう。
別にそんなことする気もありませんし。

ただ、自分で考えて決められる、というのは、
なかなかに幸せなことのように思うわけです。

今の世の中は便利にできていて、誰だか良くわからない人たちが
「大事な情報」とやらを、毎日がやがやと教えてくれます。
それはそれでありがたいことだと思うのですが、
できればその情報が自分にとって大事かどうか、
自分に役立つこととして身に付くかどうかは、
教えてくれる方のほうで決めていただかずとも、
自分でじっくり考えて、決めていきたいと思うのです。

と言うことで、私は私で、私が実感として得られた、
他の方にとっては「どうでもいい」かも知れない情報を、
ゆるゆるとお伝えしていきたいと思います。
周りにぐいぐい引っ張られるよりは、
自分でのたのた歩いていきたいものです。

さて、明日からはまたおにぎりの話です。
うん、やっぱりどうでもいい。
お時間お暇のある方は、どうぞお付き合い下さい。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« 電話番号だけ持ち歩けます | トップページ | 年末は二度、君の肩をたたく »

おさらい」カテゴリの記事

行動」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯を見つつ、おろおろ歩く:

« 電話番号だけ持ち歩けます | トップページ | 年末は二度、君の肩をたたく »