« 年越しに 立ち食い蕎麦で 支障なし | トップページ | 「帰ったぞ」 言う相手無く メール打つ »

2009年1月11日 (日)

頭に来る食べ物

日本台湾問わず、色々ご無沙汰しております。
とりあえずここで謝っておきますんで、
もしたまたまここをご覧になった友人知人の皆様も、
「あのヤロー、メールに返事もしない癖に」
などと思わないで頂ければ幸いです。

と言うことで、昨日になって帰ってきたわけです。
手先のかじかむ寒さもお別れだ、
と喜んでいたわけですが、新竹は新竹で温度も一桁台で、
風が間断無く吹いているので、結局寒いわけです。

寒いので、荷物の整理もそこそこに、近くの食堂に入りました。
やはりこう言うときは汁そばです。
暖かい汁をすすりこんで、芯から温まりたいもの。
閉店間際でしたが、サクッとしたペースで出て来るのが嬉しい。

Img_69801


(クリックすると拡大します)

なかなかの美味そうな見た目でしょう。

一口すすると、うん。

汁に味がない。

…台湾に帰ってきたなあ、と言う気がします。

もうこの味はこの味で、落ち着いて楽しんでいる自分です。
前から言っていますが、美味いとか不味いではなくて、
「わからない味」が「わかる味」になってきているのでしょう。
さらに「わかる」ことで「美味い」とか「不味い」とかに繋がっていくのでしょうが、
今は美味い、と心躍るようなこともなく、
不味いなあ、とどんよりした気分になることもなく、
うん、こんなもんだよな、と思いながらすすっています。
全くの拒絶にも、全面的な賛同にも至らず、
ほのかな違和感という形で、食べる者を刺激してくれる。
ある種、もっとも刺激的な味と言えるかも知れません。
頭でっかちに「味」を楽しむ冬の日です。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« 年越しに 立ち食い蕎麦で 支障なし | トップページ | 「帰ったぞ」 言う相手無く メール打つ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頭に来る食べ物:

« 年越しに 立ち食い蕎麦で 支障なし | トップページ | 「帰ったぞ」 言う相手無く メール打つ »