« 縦長という不自然 | トップページ | 蝶番とその効能 »

2009年3月16日 (月)

魔法使いの男女平等

魔法使いの男女平等

昨日から、部屋の大掃除をしていました。
ところどころで、自分の買った訳の分からない物にげんなりしつつ、粛々と作業を進めています。

そんななか、台所用品を整理していたときに、皿洗い用スポンジが出てきました。
台湾産なのですが、日本語がたくさん使われています。この手の日本商品がイメージ良いので日本語を使っている、ということしょうか。

「泡立ち良く、耐久性良く、
 とても使いやすい、
 機能性に優れたスポンジです」

とあって、確かに値段の割に使い勝手が良いです。

この手の商品にありがちな日本語の誤植も少なくて、日本で売っていても違和感ないかも知れません。

商品名以外は。

このスポンジの名前。

「Magicおッさん(魔法阿桑)」。

ステテコ、ちょび髭で台所に立って魔法を使うオッサンの幻影が頭に一瞬浮かんで、すぐ消えました。

にしても、こうやって改めてオッサンを強調されると、良い悪いは別にしても、日本のこの手のCMで出てくるのが魔女=おばさんばかりだ、と気づかされます。

そう。実はこの話、真面目に考えると意外と大きな問題につながっているのかも知れません。
まあ、当サイトで不用意に立ち入れる話でも無いので、ここではご紹介に留めておきますが。

ただのお笑いのようでいて、日常から「当たり前」を揺るがせるきっかけを示してくれる。まさにマジックと申せましょう。
ありがとう、Magicおッさん。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« 縦長という不自然 | トップページ | 蝶番とその効能 »

文字」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔法使いの男女平等:

« 縦長という不自然 | トップページ | 蝶番とその効能 »