« 試験に必要なもの | トップページ | 魔法使いの男女平等 »

2009年3月15日 (日)

縦長という不自然

縦長という不自然

デパートのフードコートへ来ました。
つまり、映画を見に来ているわけです。
いや、別に誰でもそうだというわけではないですが。私にとってはほぼイコールな話なもので。

わりとどこでも、日が変わる頃まで上映があるのが夜型台湾のありがたいところ。
日本でも話題になりそうなところでは、今週末に「スラムドック・ミリオネア」と「ドラゴンボール」が始まりました。
そういえば「おくりびと」もやってます。
基本的にどれもそこまで思い入れがないので、
たぶんいずれ全部見ると思います。

感想は見てからとして。
フードコートに見慣れないものがありました。

まあ、別に物自体はそれほど珍しくもありません。
友人の自宅にあったら「随分でかいの買ったな」と思いつつ、自慢話されるとウザいので特に何も言わない、位のサイズのワイド画面テレビがあるとします。

それを縦にしまして、その辺の柱で静止画ないし無音声のCMを流している。

そんなものがところどころにあります(写真参照)。

関東近郊の方でしたら、山手線の中にある奴をでかくしたの、と言えばわかりやすいでしょうか。

ただ大画面ならそんなに気にならないのですが。普段「自宅」のカテゴリに入っているような物が、「縦」かつ「人混みの中」にある、という状況が、妙に新鮮でした。

ほら、ゴジラが知らない高層ビルを倒すより、隣の山岸さん(仮名)の家を踏み潰した方がリアルで恐い、といったようなことです。

はい、自分でも書いていて「ちょっと違うよな、たとえ」と思ってます。

それと、もしもこれが日本でも当たり前に見かける物になってたら、完全に赤っ恥ですね。もしそうなら、誰か教えてください。映画見てる間は返事できませんので、メールでお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« 試験に必要なもの | トップページ | 魔法使いの男女平等 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 縦長という不自然:

« 試験に必要なもの | トップページ | 魔法使いの男女平等 »