« 雨のバーベキュー | トップページ | バイク式駐車法 »

2009年3月 8日 (日)

啓蟄の 雨ニモマケズ  バーベキュー

啓蟄の 雨ニモマケズ  バーベキュー

まあ啓蟄は先週の金曜日ですが。
表現を現実に優先させるのはいかがなものか、と自分でも思いつつ、結論として「まあいいか」となるあたりが、移動中の便利なところです。

色々ありまして、家に戻る途中です。

昨日はひどい雨の中移動したのち、バーベキューを昼からどんどんやりました。
そして、ほぼそのままのメンバーがスーツに着替えまして、晩にレストランでパーティー。
夜は焚き火を囲んで放談、翌日は少しずつ人が帰っていく中、余った材料を消費するためにバーベキュー、という、日本のこの手の日程としては考えにくい勢いでありました。

写真は、勢いの一端でも感じて貰おうというもの。「コーンスープが煮えたよー」と言われて出てきたものです。

トウモロコシを芯ごとぶつ切りにして煮込んだスープです。

芯くらい取れよ、とお思いかも知れませんが、それは誤り。むしろこのスープの主役こそが「トウモロコシの芯」なのです。

芯から、甘みと深みのある、実に優しい美味しさのある、いい感じの出汁が出てくるのです。これまたいい出汁の出ます骨付き肉でも加えて、適当に塩でもって味を整えるだけで、バーベキューの濃い味に負けない、素晴らしく美味いスープに仕上がります。

トウモロコシはトウモロコシで、何なら味つけ前に取り出してしまえば、茹でトウモロコシとしてもう一品増やせます。これは便利。

つい数日前に「どこで何食べてもも70点保証の楽しさ」の話をしましたが、使う食材なんかはかなり近いだけに、時にこういう「予想外の使い方による美味さ」に出会える、というのも、日本の人が台湾で何か食べる時の楽しみの一つ、と言えるかも知れません。

ちなみに、夜には「焚き火を囲んで串に刺したマシュマロを焼く」という、何ともアメリカン(偏見)なやつもやりました。
どうせそんなことやっても大して美味くねーよ、と思っていたのですが、困ったことにわりかし美味しいのです。
どうしよう。
いや、別にどうもしませんが。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« 雨のバーベキュー | トップページ | バイク式駐車法 »

行動」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 啓蟄の 雨ニモマケズ  バーベキュー:

« 雨のバーベキュー | トップページ | バイク式駐車法 »