« 回収区のリアリティ | トップページ | 追憶の工事現場の壁 »

2009年4月17日 (金)

毒のあるくらし

毒のあるくらし

日々の生活に、ちょっとだけ刺激的な物が混じっていると、ややもすると単調に感じかねない日常を、より楽しんで過ごせたりしますよね。

今日も、用がありまして台北に出ておりました。

台北の街中でも、それなりに緑は多いように感じます。今日歩いた道すがらにも、程よい高さの木が所々に立ち、あるいは道行く人の目を楽しませ、あるいは日差しから隠してくれます。

と、木の下を見ると立て札が。木の名前を教えてくれるようです。
どれどれ。

白千層[有毒植物]

あ、毒あるんだ。

柔らかな木漏れ日の中、さりげなく感じる毒の気配。

そんな、ちょっとだけ刺激的な四月の台湾です。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« 回収区のリアリティ | トップページ | 追憶の工事現場の壁 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毒のあるくらし:

« 回収区のリアリティ | トップページ | 追憶の工事現場の壁 »