« よくある港の風景 | トップページ | 潜む笑顔 »

2009年4月19日 (日)

想像力とビニールパイプ

想像力とビニールパイプ

さて、昨日お話ししました船の作りかけが、近くにあったのを、前の方から撮ってありました。ご覧ください。

いかがでしょうか。

電柱みたいな太さのビニールパイプを湾曲させながらならべ、その上に人が乗る空間を木でくんだもの。それが、昨日ご覧に入れた船の構造です。

文章ですと少しわかりやにくいですが、写真を見ればおわかりいただけますでしょう。要するに、ビニールパイプで作った巨大なイカダです。

驚くべきことに、この巨大ビニールパイプイカダ、ここの港では多数派でした。

大量のイカダが並ぶ中、ぽつぽつと浮かぶモーターボートは、むしろ肩身が狭そうにすら見えます。

こうした、自分の想像力を軽く超えてくるような代物。ときどきでいいので、こうした物を見ることができるなら、色々あっても頑張れそうな気がします。全くもって何の理由もないですが。
何だろう、この妙な爽快感は。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« よくある港の風景 | トップページ | 潜む笑顔 »

」カテゴリの記事

コメント

どうも、学弟の和島です。これは何に使うんですか?艀か何か?気になったもんでコメントします。多分聞かないともうわからなくなるんで(笑

投稿: 和島 | 2009年4月19日 (日) 22時00分

>和島さん

この日は風が強かったせいか、
港の活動時間と合わなかったものか、
ただ繋いであるだけでした。
なので、具体的な用途は不明なんだけれども、
艀が必要そうな大きな船の来そうな港ではない。
前日分の写真を見て推測する限りは、
どうも近海用の漁船ではないかと。

用途もさることながら、
少なくとも十艘はあったので
(さらに、今も作られつつあるので)、
このビニールパイプがどこから供給されるのか、
というのもなかなかに謎なところ。

投稿: 書く文和 | 2009年4月20日 (月) 00時25分

サイト管理者様

突然のコメント失礼いたします。
私、NHKでディレクターをしております、高橋俊輔と申します。
現在番組制作のために、台湾の方の旅行の趣向をリサーチしております。

色々なサイトを見ている中でブログを拝見し、
少し知恵を貸していただきたくてコメントに残させてもらいました。

メールにてご相談したいと思っております。
お忙しいかとは思いますが、
メールアドレスを教えてを頂けないでしょうか。
その後、会社のアドレスからメールを送らせていただきます。

よろしくお願いいたします。

投稿: 高橋 俊輔 NHK | 2009年4月20日 (月) 11時06分

メールアドレスに誤りがありました。
失礼いたしました。

正しくはこちらのアドレスです。よろしくお願いいたします。

投稿: 高橋 俊輔 NHK | 2009年4月20日 (月) 11時35分

>高橋 俊輔 NHK さん

ご丁寧にどうも。
当サイトのような訳のわからない情報が、
台湾旅行の参考になりますかは不明ですが。
何かしら使えるようでしたらご連絡ください。

投稿: 書く文和 | 2009年4月20日 (月) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 想像力とビニールパイプ:

« よくある港の風景 | トップページ | 潜む笑顔 »