« 午後二時、晴れた空の下 | トップページ | 向き合うということ »

2009年6月30日 (火)

粘性とロケーションフリー

粘性とロケーションフリー

今日は、昼ご飯に少し贅沢してモスバーガーへ行きました。冷房にあたりすぎて、外に出るとぬるくて気持ちがいいです。

セットでハンバーガーにポテト、ドリンクが付いてきます。紅茶が日に当たって良い色です。

ポテトにはケチャップが付いてきました。
モスバーガーは日本発だけあって、総じて塩味の薄い台湾のフライドポテトの中でも、味の濃い方です。
なので、別にケチャップを付けなくても良いようには思うのですが、せっかく付いてきているので使ってみることにしました。

が、ここで一つ問題が。
ケチャップを出す場所がありません。

友人に聞いてみたところ、
どこのハンバーガーチェーンでも、ポテトにケチャップは付けてくれるが、それ用の小皿を付けたりはしない、とのこと。

ではどうするのか聞くと、その辺に適当に出す、との返事。と言っても、当たり前ですが机に盛ったりはせず、紙ナプキンあたりを使うことが多いようです。

言われてみれば、ケチャップはどろっとしていて粘性が高いもの。ジェットコースターに乗っても垂れない、などというCMがあったくらいです。
ですから、醤油などのように皿に入れなくても、垂れたり広がったりする心配は少ないわけです。

調味料界では、群を抜いて高いロケーションフリー能力を誇るケチャップ。
その能力を、オムライスに文字を書くくらいで満足していてはいけないのかも知れません。

・・・そんなどうでもいいことを思う夏の日です。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押し
てくれると喜びます。一日一善。

|

« 午後二時、晴れた空の下 | トップページ | 向き合うということ »

行動」カテゴリの記事

店・場所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 粘性とロケーションフリー:

« 午後二時、晴れた空の下 | トップページ | 向き合うということ »