« 粘性とロケーションフリー | トップページ | こどもの夢が浸食する »

2009年7月 6日 (月)

向き合うということ

向き合うということ

ここ数日、訳あって台北市周辺を数日移動しておりました。相変わらずすこぶる急ですが。

毎日微妙に場所を変えながら移動していたため、夜はでかい荷物を担ぎながら、安く泊まれる場所を探して放浪。我ながら、夏の盛りにやるようなことではありません。

そんな夜。荷物を担いで歩く夜道に、ポストを見つけました。

壁を向いて立っています。

壁とポストの間、約50センチほど。

手紙を出すときに不便そうですが、トマソンと言えるほどにポストとしての機能を失ってはいない。
そんなギリギリの実用性が素敵です。

さしづめ、座禅中の達磨と言った風情。

こういう人になりたいものです。

…すいません、断言してみたものの、やっぱりそんなにはなりたくないです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押し てくれると喜びます。一日一善。

|

« 粘性とロケーションフリー | トップページ | こどもの夢が浸食する »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 向き合うということ:

« 粘性とロケーションフリー | トップページ | こどもの夢が浸食する »