« あ、部分日食です | トップページ | ぬらりひょん生活 »

2009年7月23日 (木)

眼鏡を持って次にいこう

眼鏡を持って次にいこう

ということで、日食から一日経ちました。

台湾では、興味のある人にはある、ない人にはそうでもない、という、台湾のイベントによくある風情でありました。

昨日も言いましたが、主に教育系の政府機関によって、日食観察用のメガネが配布されました。なかなかのファンキーなデザインです。

とは言え、さすがに政府謹製。教育効果も考えております。
つるの部分には、今回以降の台湾で見られる日食の機会も書いてあり、「メガネは次回の日食のために保存しておけます」とあります。なかなかに気の長い話で素敵です。

以降の日食はそれぞれ、

2010年、2012年、2020年。

まあ、これらは皆既日食ではありませんが。どうしても皆既日食が見たい!と言う方も、どうぞご安心を。ちゃんとあります。

2070年に。

その頃私は百歳くらいでしょうか。

医療の進歩に期待しつつ、観察用メガネを大事にしまっておこうと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« あ、部分日食です | トップページ | ぬらりひょん生活 »

」カテゴリの記事

コメント

日本のワイドショー番組では、2035年の皆既日食の話題を出して、スタジオの司会者やコメンテーターが自分の年齢を数えてげっそりしていましたが、あれは制作側のPやDが若いから、出演者の気持ちも考えずに構成に入れちゃったんでしょうな。

私も103歳まで生き延びよう、という気力がわいてきました。
ありがたや。ありがたや。

投稿: 萩谷 宏 | 2009年7月25日 (土) 18時49分

>萩谷さん

日本だと2035年に見られるんですか。
…そりゃ早い(2070年と比較した場合)。

地球を超える規模のできごとを人生に配置できると考えれば、
二回見るチャンスがあるだけでもありがたいですね。
私は、あと十回くらい見られたら十分です。

投稿: 書く文和 | 2009年7月26日 (日) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眼鏡を持って次にいこう:

« あ、部分日食です | トップページ | ぬらりひょん生活 »