« 飲み物なぞなぞ | トップページ | 「野菜炒めコンボ」の衝撃ー台湾の素食① »

2009年10月27日 (火)

ご無沙汰のカレー

ご無沙汰のカレー
さて。
訳あっていまだ新竹を離れて台北におります。
しばらく妙に忙しく更新もご無沙汰すぎて、
どなたに見ていただけるかもわかりませんが。

今日はとあるインドカレーの店に来ております。
台湾には珍しいくらいのスパイスの利いたカレーで、
涼しくなって来た台北で汗だくです。
まあ、インドカレーかといわれると、
微妙に違う気もしますが、美味いので問題はありません。
店内もインドというよりは、
地方にありそうな落ち着いた喫茶店、といった風情です。


ですが店内を見ますと、インドに関係ありそうなものが。
写真中央の女性たちの後ろにかかった木彫りの大きな面。

これは…ネイティブアメリカンですね。

いかん、この言い方だとインド関係ない。
台湾ですと、確かに今でもインドの関わる名前な訳ですが。

内装の微妙なチョイスのおかげで、
変なところで翻訳の難しさに遭遇しています。

|

« 飲み物なぞなぞ | トップページ | 「野菜炒めコンボ」の衝撃ー台湾の素食① »

コメント

最近東京には「インド人の居るインドカレー屋」が増殖しつつありますが、そちらはいかがですか。

東京の「インド人の居るインドカレー屋」の他の店に無い特徴は、「店の面積の割りにインド人が多い」ということです。狭いカウンターの中にインド人(全部男)がひしめいているのです。

投稿: ほのぼの | 2009年10月28日 (水) 19時52分

>ほのぼのさん
はい今さら返信です。すいません。
カレー店よりは、理工系勉強しに来る南アジア系の学生さんは多く見かけますね。学費と持っている技術のバランスで考えると、台湾は留学先として狙い目なのでしょう。鼻ひげ率が高くて下手な先生より偉くみえます。

投稿: 書く文和 | 2009年11月11日 (水) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご無沙汰のカレー:

« 飲み物なぞなぞ | トップページ | 「野菜炒めコンボ」の衝撃ー台湾の素食① »