« 「野菜炒めコンボ」の衝撃ー台湾の素食① | トップページ | 鉄板の上のサンドイッチ »

2009年10月31日 (土)

高雄で家鴨のでかさを感じる日

生きていると、そんな日もあるようです。

正確には、高雄からバスで一時間ほど行った所ですが。

友人宅近くで行われるイベントを見に行きましたところ、たまたまいたお
ばあさんが「家族の家と思って。家族に遠慮しちゃいけない」と、振る舞
いで出していた家鴨のスープを、丼いっぱいに盛ってくれました。

家鴨が骨ごとぶつ切りでごろごろ入ってますので写真は自首規制します
が、シンプルな味付けで良いものです。
ただ肉の量がえらかったので、ようやく食べ切りました。これでやっと四
分の一羽くらいでしょうか。
胃袋が家鴨のでかさを訴えます。

|

« 「野菜炒めコンボ」の衝撃ー台湾の素食① | トップページ | 鉄板の上のサンドイッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高雄で家鴨のでかさを感じる日:

« 「野菜炒めコンボ」の衝撃ー台湾の素食① | トップページ | 鉄板の上のサンドイッチ »