« twitterはじめました | トップページ | ゲル状の主役 »

2009年11月15日 (日)

混沌のネットカフェ

混沌のネットカフェ
ちょっと台北市内のネットカフェに入ってみました。

台湾では、ネットカフェとマンガ喫茶は別の業種です。
いや、名前が違うんだから日本でだって別の業種ですが。

日本ですと、ネットカフェとマンガ喫茶が次第に融合していった結果、ここ数年ですっかりビジネスホテルを脅かすほどの半個室空間に変化してしまいました。どっちに入ってもパソコンもマンガもあることがほとんどで、名前で区別する必要もない状況です。

ですが台湾では、両者は今でもかなり別業種ですし、日本ともかなり違います。マンガ喫茶は今度行く機会があったら紹介しますが、今日入ったのはネットカフェでした。

入ってまず違うのが音。

もうめちゃくちゃうるさいです。

ずらりと敷居もなく並んだパソコンに座った人々が、ほぼ全員ネットゲームをプレイ中。それも音量全開してやってますので、電気街のゲーム店も真っ青な騒音です。

しかも、音量に負けじとみんなでかい声で喋る。

…喋る?

ちょっとネットゲームに詳しい方ですと、今皆がヘッドセットのマイクをして喋る様子をイメージしたのではないでしょうか。

横に複数のパソコンが並んでいるのに、それぞれは自分の画面と、画面の先に繋がった者にしか話しかけない。リアルな繋がりはどうした!と怒る方もいらっしゃるかもしれません。

どうぞご安心を。
喋ってるのは横の友達とです。

つまり、ほとんどが数人でやって来て、大声でわいわい喋りながら同じネットゲームに横並びで興じる、という、リアルだかネットだかわからない遊び方が、台湾のネットカフェです。

web何.0なんでしょうか、これは。
台湾の人の騒音耐性と、他の人のやることに対する気にしなさが、この日本ではまず考えられない状況を生み出しています。

先ほど、犬を連れた子供五人がやってきて、みんなでがやがやネットゲームで遊んでいます。犬はその辺をうろうろしています。写真は私の鞄をあさろうとした犬。ちなみに二階です。

もうあまりの混沌に、むしろ生物が生まれた頃の、太古の海に抱かれるような気楽さがあります。ノイズキャンセリングヘッドホンを付けて、なお十分な騒がしさ。すでに二時間近く居座っている自分の図太さを、自分で褒めてあげたいです。読書でもするか。

超騒音、ドリンクバーなし、シャワーなし、日本語のネットゲームなし。
ただし電話自由、会話自由、持ち込み自由(飲食物、ペット含む)。
神経質な方、いや、よほど気の大きな方でもなければ絶対にお薦め出来ませんが。いちおう24時間営業です。試される方は自己責任で。
あ、もちろん全ての台湾のネットカフェがこんな状況な訳ではないと思いますけれども。
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« twitterはじめました | トップページ | ゲル状の主役 »

店・場所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 混沌のネットカフェ:

« twitterはじめました | トップページ | ゲル状の主役 »