« 高雄で家鴨のでかさを感じる日 | トップページ | モップ立つ夜 »

2009年11月 5日 (木)

鉄板の上のサンドイッチ

鉄板の上のサンドイッチ

おはようございます。
本当に食べ物の話ばかり続きますが。

今朝の朝食はサンドイッチ。
前に言ったことがありますが、台湾の朝食の店として、定番の一つにハンバーガー・サンドイッチの店があります。
名前を「ハンバーガー店」とするか「サンドイッチ店」とするかは店によって違いますが、たいてい両方売っているので安心です。

店構えはどこも似ていますが、一番の特徴は、店先の鉄板です。
注文を受けると、その鉄板でハムや卵をジュージュー焼いて豪快に作ります。
店によっては、バンズやトーストも鉄板の上で焼いています。お好み焼きのコテのようなものでひっくり返されるバンズやトーストは、なかなか斬新な見た目。サンドイッチ伯爵のポーカーも、これを手づかみにしたら油まみれでしょう。

カスタマイズもかなり詳細にできるのが、台湾の飲食店の特徴。忙しそうな朝食店でも、野菜のこれを入れないでくれ、素食にしてくれ、マーガリン塗らないで等、かなり細かい注文にもたいていは問題なく答えてくれます。
今日の店は「パンの耳を切らない」注文が可能。おかげで見た目が家っぽいサンドイッチに仕上がりました。

飲み物にはミルクティーの小を注文。小さなカッブで出ると思いきや、通常サイズの下半分を切り落としたようなカッブで出てきました。なるほど、これなら蓋の直径が変わらないので、蓋を閉じる機械が一種類で済みます。

朝からいろいろな発見があり、良い目覚ましです。台湾にお越しの際は、ホテルの朝食も悪くはないですが、街の朝食店に足を運んでみてください。台湾の物の見方が垣間見えるかも知れませんよ。見えなくても腹ごしらえにはなりますし。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

|

« 高雄で家鴨のでかさを感じる日 | トップページ | モップ立つ夜 »

コメント

写真を見て先日まで入院していたせいか、ヨーグルトに見えました。
ときどき出たんです、ヨーグルトとビニールにはいった食パン。

それにしても台湾の人って食を大事にしているのですね~。
日本では、ハンバーガー店でも朝は朝ナントカしか売ってなくて
「ハンバガー屋さんがハンバガーを売ってないのですか?」と、
ハンバガーを食べたくて車をわざわざ走らせた思いが怒りとなって
店員さんに嫌味をいったことがあります。

悪い子ですみません。ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

投稿: きよ | 2009年11月 7日 (土) 10時40分

>きよさん
はい今さら返信です。どうもすいません。
あるいは台湾の人から言わせれば「日本の買い手が注文少なすぎ」なのでしょうか。台湾ではみんなが自分好みに注文するので、多少時間かかるのが当たり前と思っているのか、焦らない人が多いですね。朝の一分一秒を争いそうな場所でも、朝飯店の列はわりと悠然としています。この辺の余裕も客にないと、サンドイッチのカスタマイズ普及は難しいのかも知れません。

投稿: 書く文和 | 2009年11月11日 (水) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄板の上のサンドイッチ:

« 高雄で家鴨のでかさを感じる日 | トップページ | モップ立つ夜 »