2009年11月 9日 (月)

モップ立つ夜

モップ立つ夜
油断するとすぐ更新間隔があく今日この頃です。

そんな私の不甲斐なさに食ってかかるかのように、モップが夜道に立ち塞
がりました。

のぼりを立てる台は、モップの柄にもジャストサイズのようで、ぐらつき
もせず、しゃんと立っています。

後ろの落書きのポップさを、軽く凌駕していく日常の中の不可解さが素敵
です。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

里長のくれたいす

里長のくれたいす

ある日、いつものように文和は町を歩いておりました。

しかし、これもいつものことながら、無計画な文和は何も考えずに炎天下を歩き回ったために、すっかり疲れてしまいました。

通りを歩きながら、文和はこう思ったのでした。
「ああもう歩きたくないなあ。ここにいすでも置いてあったなら、一息つけるのに。休む場所もないなんて、ずいぶんとひどい町だ」
おやおや、どうやら元の原因だった自分の無計画さもすっかり棚に上げて、暑さと疲労で参ってしまったようです。

ですが、場所は商店街の中。歩行者が座れる椅子なんて、一つもないのが普通です。文句は言いながら、文和は最初からあまり期待などしていないのでした。なら言わなきゃいいのに。

すると、そんな二つの意味で困った文和の目に、なんとベンチが飛び込んできたのでした。

いすにはこう書いてありました。
「里長(手+員)贈」

そう、ここの里長さんがくれたいすだったのです。

まあ、歩道の高さが一定しない台湾の歩道では、微妙に障害物化している感もあり、文和は座らず通り過ぎました。

…あまりの暑さに、昔話風に初めておいて、さしたる意味もオチもなく終了です。39度超えたら、たいがいそんなもんです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

眼鏡を持って次にいこう

眼鏡を持って次にいこう

ということで、日食から一日経ちました。

台湾では、興味のある人にはある、ない人にはそうでもない、という、台湾のイベントによくある風情でありました。

昨日も言いましたが、主に教育系の政府機関によって、日食観察用のメガネが配布されました。なかなかのファンキーなデザインです。

とは言え、さすがに政府謹製。教育効果も考えております。
つるの部分には、今回以降の台湾で見られる日食の機会も書いてあり、「メガネは次回の日食のために保存しておけます」とあります。なかなかに気の長い話で素敵です。

以降の日食はそれぞれ、

2010年、2012年、2020年。

まあ、これらは皆既日食ではありませんが。どうしても皆既日食が見たい!と言う方も、どうぞご安心を。ちゃんとあります。

2070年に。

その頃私は百歳くらいでしょうか。

医療の進歩に期待しつつ、観察用メガネを大事にしまっておこうと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

家紋ミーツLOVE

家紋ミーツLOVE

安っぽい邦画みたいなタイトルですが。

またバイクでうろついたり、バイクでうろつく準備をしたりで更新が遅れ気味でありました。

今日は朝から寮全体が停電。
日の当たらない我が部屋では動きが取れません。仕方がないので、こじゃれた喫茶店(要するにスタバですが)に移動しまして、朝からコーヒーなんぞすすりつつの更新です。…ぜいたくな。

出がけにバイクの駐車場まで来ます。すると、我が「無我・やさぐれ号(125cc、修理回数二回)」のそばに、ヘルメットが放置してあります。

まあ実際のところ、ここしばらく置きっぱなしなので、写真は最初に見た時のものですが。

なかなかにすてきなヘルメットです。

太極を思わせる、流線で区切られた鮮やかな黒白。
その中程に、二つ配置された花のような丸い模様。
やや冒険気味のお洒落のできる女性が挑戦しそうな柄。

ただ、その花のような模様、なんだか見覚えがあります。

あ。

周りに配置されてる三つの花のようなもの、なんだか組み合わせると菊の花みたいですね。
…やっぱり、モチーフはあの非常に有名な家紋なのでしょうか。

そして、三分割して三方から示している感じは、あれですね。現在の我々には午後八時、ないし午後四時(再放送)でおなじみ、水戸のアイドルのあの人の家紋を意識しているのでしょうか。

これら、今の日本では最も有名であろう二つの家紋を周辺に従え、中心に位置するのはハート。その全てを包み込む丸。

名前を付けるなら、「丸三つ菊に愛」の紋とでも言うべきでしょうか。
なかなかのパワフルさを誇る新作家紋です。

まあ創作と言いましても、家紋自体が元々は創作なわけです。類縁関係とか歴史とか全く無視していることとかはアレだとしましても、別に新しい家紋自体を作っていけない、ということはないわけです。

とは言え、やっぱりある程度事情のわかっている日本国内の人間では、色々なものがびっしりと食い込んでいることを感じて、なかなか「単なる模様」ととらえることはできないもの。

こうして、全て振り捨てて軽やかに使い回してもらえると、妙な清涼感が心の中に吹き抜けます。

もちろん、こちらはこちらで色々絡まってるのでしょうが、せめてこの家紋に関しては、台湾の街中を何の束縛もなく駆け抜けて欲しいものです。
</p>

<p>にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報</p>

<p>へ

↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると

喜びます。一日一善。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

向き合うということ

向き合うということ

ここ数日、訳あって台北市周辺を数日移動しておりました。相変わらずすこぶる急ですが。

毎日微妙に場所を変えながら移動していたため、夜はでかい荷物を担ぎながら、安く泊まれる場所を探して放浪。我ながら、夏の盛りにやるようなことではありません。

そんな夜。荷物を担いで歩く夜道に、ポストを見つけました。

壁を向いて立っています。

壁とポストの間、約50センチほど。

手紙を出すときに不便そうですが、トマソンと言えるほどにポストとしての機能を失ってはいない。
そんなギリギリの実用性が素敵です。

さしづめ、座禅中の達磨と言った風情。

こういう人になりたいものです。

…すいません、断言してみたものの、やっぱりそんなにはなりたくないです。
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押し てくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

花輪の前のTPO

花輪の前のTPO

前回は大学の卒業式でしたが、もちろん他の学校もこの時期に卒業式なわけです。

近くの小学校前を通りましても、たくさんの花輪が並んでいるのが目に入ります。
おめでたく華やいだ光景です。

ただ、最初にこの花輪の列を見た際、私がこう思ったことは記しておかないといけません。

「おや、校長でも亡くなったんだろうか」

要するに、花輪の形も大きさも色も、葬儀の際に家の前に並べられる花輪と、同じ物のように見えてしまったわけです。

もちろん、書いてある文字が違いますし、私のわからない部分で細かい飾りの違い等が見られるのかも知れないですが。

目的は置かれている時期、場所で判断しろ、ということなのでしょうか。

見かけや場の雰囲気に流されることなく、自分で判断し決めていく意志とは、こうした場から育っていくのかも知れません。

…いや、そうでもないかも知れません。

とりあえず確かに言えるのは、ここで育っていない私が優柔不断だ、ということだけです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押し
てくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

蝉のよく鳴く日に僕は箱に何を入れれば良いのだろう

蝉のよく鳴く日に僕は箱に何を入れれば良いのだろう

昔のフォークソングみたいな名前ですが。

そして、大陸から台湾に戻って二週間も経ってますけれども、どうにかこうにか再開します。

台湾に戻ってからぱったりと更新が途絶えてましたが、パソコンの修理や、いない間に溜まった細かいことの処理や、疲労で寝たり等で手間取ってました。

そして、今日も今日とて、台北へ向かう途中なのですが、朝にコンビニへ寄りますと、箱を持って立ってる人たちがいます。

どうも募金活動のようで、小銭を入れる人はいませんが、みんな気前よくポンポンとレシートを箱に入れていきます。

はい、レシートです。

知っている人は知っていますが、台湾のレシートには宝くじのようなものが付いてまして、わりと高額が当たります。

ですが、発表まで数ヶ月かかる上に、毎日もらう大量のレシートをいちいち確認するのも手間ですから、捨ててしまう人もけっこういます。

そこで、捨てるくらいなら代わりに確認するから、ということで、慈善団体等がレシートを集めて募金代わりにするというわけです。

箱を持った人たちも、コンビニから出てくる人=たった今レシートをもらった人、の方を向いています。

こうした活動の他、よく見ると街角のそこここにレシート回収箱があって、当たったお金は福祉活動などに利用されます。

なるほど、お金と違って、当たっているかもわからないただのレシートですから、盗まれる心配も少なそうです。

…と思っていたら、レシート箱が盗まれたニュースも前に見ましたが。

私も試しに入れてみましたが、なかなか気分の良いものです。

この「気分の良さ」のお得なところは、金額に関係ないところです。二十元のペットボトルだろうが、五千元のディナーだろうが、レシートはレシート。当選確率は変わりません。たぶん。

どんな立場にあっても関係なく、レシートさえあれば募金(のようなもの)ができる。
なかなか粋な制度です。

あとは、もしこの一枚が一等だった場合、寄付して良かったなあ、と思える度量が私にあるかどうかでしょう。

夏は間近です。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

そして大陸へ

そして大陸へ

と言うことで、なぜか一週間ばかり大陸へ行ってくることになりました。

…はい、唐突ですね。

今回は自分の用事と言うより、とある人のお手伝いのような物ですので、まだ自分でもどこへ行くか明確に把握できていなかったりしますが。

大陸ではネット環境を維持できるかわかりませんが、うまく行ったら台湾一周時と同じく、ですます調からである、だ調に変えてお送りいたします。

写真は高雄で撮った紙コップ。フランクに涼みにくることを勧めてくれます。新竹よりはるかに暑い高雄にわざわざ来て「涼め」と言われることの違和感と、実際にクーラー過剰効きで寒い室内が、思考と体感のバランスを絶妙に崩してきます。

それでは行って参ります。はい。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

高雄帰りにバイクがまた壊れた話

高雄帰りにバイクがまた壊れた話

というわけで、今週の頭は高雄へ行ってきました。バイクで数日かかった物が、高鉄に飛び乗ればわずか二時間。便利さに心も軽く、快適な車両で体も軽く、値段で財布も軽くなります。ええ、値段の高さに言い回しもオッサンくさくぐらいなります。

移動に使った高雄の地下鉄は、券売機が路線図をタッチパネルで選ぶものでした。なんだか未来風ですてきです。赤字と聞きますががんばってください。

とにかく暑きこと山の如しの高雄。もはやクーラーは必須です。水をがぶがぶ飲みつつ、改めて熱帯に底力を実感してきました。

そして、帰ってきてちょっと人に会おうと遠出しましたら、バイクが止まりました。

まさかの、修理三日目の故障です。
直ってすぐだからと油断して、割と夜遅い時間の外出でした。もはやバイク店ものきなみ閉店後。歩いて帰れば、ざっと一時間半くらいでしょうか。

ゆったりと途方に暮れておりますと、近くの自警団の人たちが来てくれました。自警団と言っても、かなりちゃんとした警備員の格好している人です。奇特にも、団の駐車場にバイクを停めてくれた上に、宿舎まで乗せてきてくれました。まあ、怪しげな中国語をしゃべる男が、バイクをもって近所を悲しげにうろつくよりはいいか、と思ったのかもしれませんが。いずれにせよ、送ってくれたのは確かですのでありがたいことです。

翌日は台北で用があったのですが、さすがに苦情言わないと気が済まないので、開店後すぐにねじ込むと、無料で引き取って修理しておくから、とのこと。
台湾に戻ってから、当たり前のように料金を請求してこないことを祈るばかりです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

生え替わり

いよいよ台湾も暑くなってきました。

もわっと湿度も高くなり、へたれた人類がクーラーの効いた室内に逃げ込んだりしているなか、植物はますます萌え立っております。

この表現が正しいかは不明ですが、「萌え」と本文中に入れることで、来訪者が増えるかもな、という姑息な理由で使ってみました。

それはともかく、植物はますます元気いっぱい。
今朝も歩道の脇で、新しく勢いよく延びているのをみました。
生え替わり
街灯です。
古いものが後ろに放置されている感じも、生え替わる生命力を強く感じさせます。

…一番生命力を感じたのは、半裸で街灯を掘り返していた工事のおじさんでしたが。
うまく言えませんが、私もなんか頑張ります。
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押し てくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧