2009年11月20日 (金)

アイデア過重CMへの期待

アイデア過重CMへの期待
セブンイレブンから、今度はジャワカレーが出ました。

写真を見ていただけるとわかりますが、「爪哇カレーhui(火+會)飯」とあります。やはりカレーもhui飯の一種なわけです。「爪哇zhaowa」はジャワ。そのままジャワですね。

しばらく前に紹介したバーモントカレーと同じく、日本で売っているレトルトよりも肉野菜多めな印象で、なかなかいいです。

ただ、今回気になったのは味よりもCM。
今なら、台湾セブンイレブンの広告紹介ページで映像が見られます。

内容はこんな感じ。
街がカレー色の服をきた人であふれ、みんながジャワカレーを食べている。
一人がルーを跳ねてしまい、服についてしまう。
でも、もともとカレー色の服なので気にせず、
「大丈夫!どんどん食べて下さ~い!」
と明るく日本語でナレーションが入って終了。

というもの。

何か、色々と釈然としないものを拭えないまま終わるCMです。
楽しそうだけど、それ、カレーのマイナス面強調してないか?

ただ、一転の曇りもないほどの明るい映像とナレーションが、「まあ、君たちがいいならそれでいいですけど…」と納得させられてしまうような、妙な迫力を秘めています。

台湾のCMには、この手の「映像のインパクトを重視し過ぎて、もはや商品にマイナスイメージでは」と思える物が散見される気がします。

記憶が曖昧ですが、例えばしばらく前に、こんなCMがありました。

チューインガムのCM。
スケボーをする二人がガムを噛んでいる。彼らが触れると、街中の物がどんどんガムになっていく(街路樹、噴水、広場の敷石等)。見ている女の子もうっとり。
テンションがあがって二人はハイタッチ。
街に見とれていた女の子が振り返ると、二人も人の形に積まれたチューインガムになっていた。

というもの。

あらためて書き出してみると、もうこれはホラーの領域な気がします。私が子供だったら、トラウマでガムが食べられなくなりそうです。

CMプランナーが、商品イメージやスポンサーの配慮よりも、自分の面白アイデアを完全に優先させてしまっているのが素敵です。

まあ、売り上げがこれであがるのかどうかわかりませんし、名作CMとして広告大賞取ったりすることもないでしょう。
ですが、勢い余った美大生のような無茶さと、それを製品クオリティの映像で出してしまう妙な楽しさ、そしてこの珍奇な内容のCMに、何やかやでゴーを出してしまうスポンサーを、私は愛でたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

ゲル状の主役

ゲル状の主役
写真にしたら相当にアレな感じになりましたが、今日の美味しい昼御飯です。

台湾ですと火偏に會hui4飯fan4と呼んでいます。手持ちの簡体字の辞書ですと「混ぜご飯、炊き込みご飯」とありますが、どう見たって違うので、大陸とは違う調理法なのかもしれません。

つまりは、日本語で言えば「あんかけご飯」といったところ。店によって味付け等は違えど、とろみのあるあんがご飯にかかっていることは共通です。

基本的にはとろみあんかけなら何でも含まれますので、前にも何度か触れました台湾のカレーも、大衆食堂などでは「カレー(火會)飯」と書かれていることがけっこうあります。

今日食べたのは羊肉のもの。羊肉の癖は若干感じますが、それが楽しめれば美味しいものです。あ、どの店でも豚や牛のもありますのでご安心下さい。

ただ、今日のポイントは肉ではありません。

日本のあんかけご飯と言えば中華丼がイメージされると思うのですが、今日のそれは、明らかに違うポイントが一つありました。

とろみの量です。

ご飯の上、数センチに渡るとろみの層が覆っているのです。そのあまりのとろみに、混ぜ合わせるとご飯が完全に埋没します。もともと日本より塩分の少ないことの多い台湾の料理ですから味にそれほど濃淡がなく、ご飯、具、とろみが渾然一体となった「優しい味で、腹持ちのいいとろみ」を食べている感覚になります。

驚くべきは、この一品の中で最も主張の強い要素が、肉でも野菜でも米でもなく、とろみだということです。

日本ですと、脇役どころか「調味料」「味付け」で、具材ですらないとろみが、ここでは主役となっている。このとろみの大洪水は、かなり斬新なものがあります。

例えるならば、小道具や背景を主役に据えてしまった前衛演劇のような。
「え、それアリなの!?」という驚きがそこにあります。

しかしこの食堂内で、そんな衝撃を感じているのはガイジンの私一人。台湾ではそれが日常で、みんなに親しまれた当たり前のメニューです。小道具だと思っていたら人だった、というわけです。

そんな、とろみと言う名のフウイヌムに出会いつつ、実にミクロな視点で、ゆるく地味なガリヴァー旅行記は続きます。
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

黄色の中のあいつ

黄色の中のあいつ
海なし県生まれの私にとって、磯の香りは何だか旅情を感じさせてくれるものです。

今日はなかなかに地味な一日でして、夕飯もわびしくコンビニ食だったの
ですが。

付け合せで買ったコーンスープから、何だかそこはかとない旅情を感じます。

黄色く不透明なカップの中をかきまぜてみますと、出てきました。
ふえるわかめ。

意外な登場と、コーンのまろみに刺さる磯風味にびっくりです。

台湾は、やはり一年そこそこ住んだくらいでは、飽きたり慣れ切ったりさせてはくれません。こうした日常の伏兵を楽しんで行きたいものです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月29日 (木)

「野菜炒めコンボ」の衝撃ー台湾の素食①

Photo_20091029_2
























野菜炒めが好きです。

と、誰にも得のない告白から入りましたが。

最近の台北滞在は妙に忙しく、おのずと愉しみが食事に偏りがちです。
そうなりますと、物理的な意味のみで肉食系な私の本能に任せていては、やれ牛肉麵だ、やれ排骨飯だと肉肉しい外食ばかりが続きます。
さすがに体にもまずかろうと気付いたので、今日は試しに一軒の素食店に入って見ました。

素食。普通に訳すと「精進料理」になるのでしょうか。
日本のそれとはだいぶ違う、と言うことくらいは知っていましたが、しょせん野菜の集まりだろ、くらいに思っていたことは否定できません。
油も使うといっても、油だけで崩せるほど肉の牙城は脆弱ではないわ、と、正直なめてました。
なぜ料理人でも生産者でもない私が「肉代表」面しているのか不明ですが。

これだけくどくど言ってますことから、既にご想像はおつきのことと存じますが。
まあ要するに、えらく美味かったのです。
参りました。

肉に完全に取って代われる、とまでは言いません。
でも週二、いや週三くらいだったらいけるな、というポテンシャルは十分に秘めています。
店は内装も綺麗で、女性が一人でも安心して入れそうなできる作り。
単品注文もありますが、ほとんどの人が選ぶのは、並んでいる料理を食べたいだけ取って、重さで値段が決まる「自助餐」。
素食に限らず、台湾の大衆食堂に良くあるシステムです。店内で食べればスープ無料。
写真をみてもらえばわかりますが、基本的に大部分は油炒め、と言ってしまって良いでしょう。
それでも炒め野菜のバリエーションがえらくあり、それぞれ風味や香り、食感が違うので飽きません。
また、総じて肉入りよりも味に淡泊な印象があることは確かです。
ですが、逆にそれが利点となっていて、炒め野菜が多くても、スムーズに食べてしまえます。この「野菜炒めの連続コンボ」によって、肉なしでもかなり満足度を高めてくれます。
すごいぞ素食。

ここまで美味いと逆に悔しくなってきます。
冒頭で言ったように、もともと野菜炒め好きな私。
素食を受け入れる素地はあったはずです。
それをこれまで阻んで来たのは、
二つの思い込みによるものでした。

一つは、野菜炒め系食物のうまさは肉っぽさあってのもの(レバニラ炒め等)、という「肉信仰」。

これは、日本で食べる野菜炒めがほぼ単品で、台湾素食のように何種類かのを続けて食べる「野菜炒めコンボ」による満足感が起こりにくい、ということも関係しているようです。
いくら美味くても、味が一種類しかないのでは、味を濃いめにして、多少の肉っぼさも入れて変化を付けないと、だんだん物足りなくなってしまいます。
そしてもう一つは日本の「精進料理」のイメージから来る「健康には良いかもしれないけど物足りない…」という先入観。実際食べればそんなことないので、これは「食わず嫌い」というやつです。それだけ私の中の「肉信仰」が強固だったのでしょう。
ただ、もとは戒律に関わるものでも、発展の仕方がまるで違うので、「精進料理」と訳すとイメージがずれ過ぎるよな、とは思います。
これはことによると、美味いものを独占したいがために、ベジタリアンたちがイメージ操作しているのでは、という、全くもって言い掛かりな疑いが頭をかすめるほどです。
どっちかと言えば、こちらが肉を独占しているわけですが。
とにかく、この二つの思い込みが、私の中で台湾の素食を不当に貶めていたようです。
「肉党強硬派」の皆様にこそ、ぜひ台湾にお越しの際は一度お試しを。二、三日肉三昧してからですと、より振り幅が大きくて素敵かも知れません。
台北郊外で、近くに観光地とかもなにもないですが、たまにはそんな移動も素敵なのではないかと。
水廣川 精緻健康蔬食 台北市南港區研究院路二段39-9號
おお、なんか内容はともかく、結果的にグルメ情報とか紹介してます。
垢抜けたなあうちのサイトも。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年4月15日 (水)

三色大判焼き

三色大判焼き

明日、と書いておいてだいぶ日が開きましたが。

さて、中が緑色の「日式小豆餅」を食べたわけです。今日の写真を見てもらえばわかりますが、他に赤いのと黒いのを買ってました。

黒は、あんこ。
緑は、バジルツナ。
赤は、ミートソース。

どれが美味いか、というと、意外にと言いますか、なんと言いますか、まあとにかく赤。
やや甘辛いミートソース味と組み合わさることで、見た目はともかく食事系のクレープのような仕上がりになっています。

具の雰囲気としては、よりクレープ風な緑のバジルツナですが、ツナが意外に主張していて、ちょっと癖のある味です。私はそんなに嫌いではありませんが、好みが分かれるかも知れません。

そして黒、というより普通の大判焼きのあんこ。
これは王道かと思いきや、台湾に適応したあんこになっています。
つまり、味がない。いや、まあ全く無いわけではないのですが。
砂糖がかなり少な目で、小豆のペースト、といった味わいです。
決してまずくはないのですが、生地が台湾風のパリパリではなく、日本風のしっとり柔らかなものだけに、少し生地に負けてしまっているような印象を受けます。もう少し甘みが欲しいな、というのが率直なところ。

ですが、台湾の屋台で売っている「小豆餅」のあんこは、そういえばこれくらいの薄目の甘さだった気がします。とすれば、もしも日本でよくあるような甘さだった場合、台湾の人からしてみれば、「なんだこの小豆餅、やたら甘いな」という印象になるのかも知れません。

軸足を小豆餅に置くか、大判焼きに置くかで、甘みの着地点が違ってくる。
その柔らかな生地の中に、意外に深そうな物を含んだ日式小豆餅です。

ただ、台湾の小豆餅にもミートソース味やバジルツナ味はないので、その独創性はどこから来たのか気になるところです。

そんなわけで、甘い味、辛い味取りそろえて、軽食にも最適なのではないでしょうか。
機会がありましたらお試しください。
…グルメ記事風にまとめてみましたが、試してくれる人はいるんでしょうか。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 7日 (火)

メロンパン、のようなもの

メロンパン、のようなもの

今日は一日、細かい作業を続けていました。

こういうときは、せめて食事くらい変わった物にして気分を変えたかったのですが。

外は小雨も降ったりしていたので遠出する気にもならず、そもそも部屋仕事で大しておなかも減っていません。

ということで昼食は、そのとき居た建物に付属の、小さな食堂で済ませることにしました。

普段はご飯物を選ぶことが多いのですが、今日はそこまでの腹具合でもなく。何か手頃な物はないか、とカウンターを見ると、メロンパンのようなものが。
こりゃちょうどいいと、牛乳と一緒に買って、これで済ませることにしました。

なぜか全面に見える微妙な焦げ目に違和感を感じつつ、かじってみると意外な発見が。
これ、中は確かにパンのようなのですが、仕上げに油多めでフライパンのようなものを使って焼いてあります。

うん、メロンパンじゃない。

ただ、ではなにか、と言われると難しい。
味の方向性はメロンパンを意識していると思うのですが。焦げ目や食感はフレンチトースト的でもあるような気がしますし、何だか妙なサクサク感もありつつ、何とも断言できない香辛料の風味もあるような気もしますし、ついでに油の味もします。

これが何か、と言われたら、やはりメロンパンのようなもの、と答えざるを得ないようです。

とりあえず、牛乳よりは濃いめの烏龍茶が合うと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

啓蟄の 雨ニモマケズ  バーベキュー

啓蟄の 雨ニモマケズ  バーベキュー

まあ啓蟄は先週の金曜日ですが。
表現を現実に優先させるのはいかがなものか、と自分でも思いつつ、結論として「まあいいか」となるあたりが、移動中の便利なところです。

色々ありまして、家に戻る途中です。

昨日はひどい雨の中移動したのち、バーベキューを昼からどんどんやりました。
そして、ほぼそのままのメンバーがスーツに着替えまして、晩にレストランでパーティー。
夜は焚き火を囲んで放談、翌日は少しずつ人が帰っていく中、余った材料を消費するためにバーベキュー、という、日本のこの手の日程としては考えにくい勢いでありました。

写真は、勢いの一端でも感じて貰おうというもの。「コーンスープが煮えたよー」と言われて出てきたものです。

トウモロコシを芯ごとぶつ切りにして煮込んだスープです。

芯くらい取れよ、とお思いかも知れませんが、それは誤り。むしろこのスープの主役こそが「トウモロコシの芯」なのです。

芯から、甘みと深みのある、実に優しい美味しさのある、いい感じの出汁が出てくるのです。これまたいい出汁の出ます骨付き肉でも加えて、適当に塩でもって味を整えるだけで、バーベキューの濃い味に負けない、素晴らしく美味いスープに仕上がります。

トウモロコシはトウモロコシで、何なら味つけ前に取り出してしまえば、茹でトウモロコシとしてもう一品増やせます。これは便利。

つい数日前に「どこで何食べてもも70点保証の楽しさ」の話をしましたが、使う食材なんかはかなり近いだけに、時にこういう「予想外の使い方による美味さ」に出会える、というのも、日本の人が台湾で何か食べる時の楽しみの一つ、と言えるかも知れません。

ちなみに、夜には「焚き火を囲んで串に刺したマシュマロを焼く」という、何ともアメリカン(偏見)なやつもやりました。
どうせそんなことやっても大して美味くねーよ、と思っていたのですが、困ったことにわりかし美味しいのです。
どうしよう。
いや、別にどうもしませんが。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

うっかりとうまいもの

うっかりとうまいもの

食べかけの、美しくない写真で申し訳ありませんが。

朝に遅れつつも台北へ着きまして、イベントに顔出してみたところ、昼に弁当が支給されることになりました。

さて問題です。

この弁当のおかずで、私が一番おいしいと思ったのは何でしょうか。

正解は、左上方向。
一口かじってある、ややココア色の豆腐です。

ご飯にのっぺりと、いかにも何気なくのせてあるので、一気にかっこむか、と一口かじったところ。

薄味の上品な味つけから、ほのかに顔を出す甘み。主張の多い台湾料理にあって、この控えめさに思わずたじろぎ、一枚撮ってしまったものです。

以下、我ながら美味いと感じすぎだな、と思ったらところからの連想です。

ときどき、台湾は食べ物が何でもうまい、という人がいます。ですが、私から見ますと、どれもこれも美味い、とはいかないように思われます。

まず何より、味の好みが違いますので、臭豆腐やアスパラジュースのような強力なのをはじめとして、割と味に癖がある物も多いです。これが合うか合わないか、というハードルがあります。

そして、それが問題ないとしましても、台湾でよく出会う「うまさ」は、日本で感じるそれとは少々異なるように思うのです。

いや、別にうまいものがない、と言いたいわけでももちろんありません。

台湾で私が感じる「うまさ」というのは、学食だろうが街食堂だろうが夜市だろうが、少し奮発しようが倹約しようが、たいがいの場所、物で合格点を越える「70点」位のうまさに出会える、という「うまさ」なのです。

「うまいっ!」と叫ぶほどうまくありません。「うん、悪くないね」くらいの、特に不満はない、というくらいの「うまさ」なのです。

ですから、日々暮らしていく上での満足度はかなり高いのですが、台湾に来た友人に「とびきりウマいものが食べたい!」と言われても困ってしまうのです。
どこもそこそこうまいので。

どうも友人等が希望するのは、日本の一発必中的、「たまの贅沢」的な美味さなのだな、とわかるので、これがなかなか難しい。
どれもそこそこなので。うまいはうまいのですが、とびきりというほどではない。

もちろん、日本の国内旅行のつもりで、毎食数千円は出す、位に張り切ればいくらでもあるのでしょうが。適当な食堂で毎食百元弱程度にしたときの満足度と比べて、金額差に足るほどの見返りはない、というのが私の感覚です。

もしも、これから台湾に来て、「美味しいものが食べたい!」とお思いの方がいらっしゃいましたら。
試しに、食事のことなんか何も考えず、おなかが減るまで観光でも何でも好きにやってみてください。
そして、何か食べたいな、と思ったら、適当な近くの店に入って、何か適当に指さすか何かして頼んでみてください。

たぶん、何が出てきても、たいてい「そこそこうまい」です。

それを一日二日続けてみると、あるいは台湾でのうまさ、ほぼ何にも考えずに「そこそこうまい」に至れる気楽さが、あるいは実感していただけるかと思います。

そして、その気楽さこそが、台湾の食べ物を「何でもうまい」と感じるまでに至る鍵なんではないか、と思うのです。

ついでに、どれも「そこそこうまい」からこそ、たまに出会う「繊細な美味さ」にも、目を見張るほどうまく感じるようになれるのかも知れません。弁当の最後までとっておくおかずが豆腐だったのは初めてでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

頭に来る食べ物

日本台湾問わず、色々ご無沙汰しております。
とりあえずここで謝っておきますんで、
もしたまたまここをご覧になった友人知人の皆様も、
「あのヤロー、メールに返事もしない癖に」
などと思わないで頂ければ幸いです。

と言うことで、昨日になって帰ってきたわけです。
手先のかじかむ寒さもお別れだ、
と喜んでいたわけですが、新竹は新竹で温度も一桁台で、
風が間断無く吹いているので、結局寒いわけです。

続きを読む "頭に来る食べ物"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

私は如何にして肉鬆に慣れし乎(2)

さて、肉鬆にサクサクともさもさがあるらしい、
という話が出たわけですが。
多くの人が「美味くも不味くもない」位に思っている物を、
丁寧に説明して何の意味があるのか、ということは考えず、
勇敢に不毛な荒野を進んでいく当サイトです。

なぜ私が肉鬆おにぎりを「美味い」と感じたか。
どうも、私が美味いかも、と感じた肉鬆は、
どうやらかなりフレーク寄り、サクサクの肉鬆だったようです。

コンビニおにぎりの米はかなり水分を含んでいますから、
もさもさの奴はともかくとして、サクサクであれば、
私の中での食べ合わせとして「アリ」になります。
味こそ違え、日本でも良く食べ慣れていた感覚に近づくからです。

続きを読む "私は如何にして肉鬆に慣れし乎(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧