業務連絡

2009年11月14日 (土)

twitterはじめました

はい、今更ですね。

まだ今ひとつ使い方に慣れておりませんが、
twitter特有の「○○なう」を見た時に感じる気恥ずかしさは、
(笑)や(爆)が使われ出した頃を思い起こさせます。

とりあえず、こちらはあまり何も考えず、何となくつぶやいていく予定です。
と改めて言ってしまうと、この「文和の和文」も、
わりと考えながら書いてることになりますね。
どうやってこれ以上気を抜いていくかが課題です。

ユーザー名はkakubunwa、そのままですね。
場所は http://twitter.com/kakubunwa になります。

せっかくなので、ブログの方にも貼ってみました。
右下の四角いやつです。
とりあえず皆様には、今まで以上に生存確認がしやすくなるかと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

その辺の昼下がりから(第1回)

その辺の昼下がりから(第1回)

どうもご無沙汰しております。

幸いにして、前回の更新以降も平穏でうろうろしておりますが。

最近は帰宅が遅いのと、バイク移動が多く、日中の更新が難しい(面白い写真はあるのですが)日々です。

それと、八八水災(先月八日に台湾を直撃した台風八号)の被害を目の当たりにする機会があったこともあります。
1ヶ月が過ぎ、平野部はほぼ回復しましたが、山間部では道路の復旧もまだまだといった所もあります。本人は大真面目に書いているつもりの当サイトも、この一大事にふざけているように思われては申し訳ないと、更新しあぐねている面もありました。

とは言え、これでは当サイトのもう一つの重要目的である、自分の生存を友人知人に知らせることができません。

ということで、まずは、台湾時間午後二時頃をめどに、今居るあたりの写真を送る、という暫定的更新を取ることにしました。

日本においでの皆様も、台湾都市部においでの皆様も、急に心だけが台湾の地方へとばされたような、妙な感覚にゆるく浸っていただければ幸いです。

今日はとある駅舎にいます。
横では乗り降り、迎え見送りのほか、近所のじいさまたちが増減を繰り返しつつ、喋ったり黙ったりぼーっとしたりしています。そこに混じり、携帯でメールを打つ。暑い昼下がりです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

日食

日本では割と盛り上がってるようですね。

台北ですと、明日の八時頃に外にいれば普通に見られるらしいですよ。

通勤途中に日食観察などいかがでしょうか。あ、でも危ないので直接太陽は見ないように。

以上、「たまには少しくらいタイムリーな話を」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

そして大陸へ

そして大陸へ

と言うことで、なぜか一週間ばかり大陸へ行ってくることになりました。

…はい、唐突ですね。

今回は自分の用事と言うより、とある人のお手伝いのような物ですので、まだ自分でもどこへ行くか明確に把握できていなかったりしますが。

大陸ではネット環境を維持できるかわかりませんが、うまく行ったら台湾一周時と同じく、ですます調からである、だ調に変えてお送りいたします。

写真は高雄で撮った紙コップ。フランクに涼みにくることを勧めてくれます。新竹よりはるかに暑い高雄にわざわざ来て「涼め」と言われることの違和感と、実際にクーラー過剰効きで寒い室内が、思考と体感のバランスを絶妙に崩してきます。

それでは行って参ります。はい。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 5日 (木)

移動中更新宣言

すっかりと日が開きまして。
どうもどうも。書く文和(移動中)です。

旧正月の半端なところで更新が途切れて後、一月ほど。

友人の間で生存を絶望視する声も聞かれつつありましたが、どっこい生きてるバスの中、であります。
…移動中と更新が久しぶりなことで、どんな調子で書いていたかすっかり忘れております。

ここしばらく、環境整備やら長期移動などが続きまして、なかなか更新ができずにおりました。
まあ、主に自分のためにやってることなんで、好きに書いたりやめたりすりゃいいんですが。

ですが、どうも今後もそんな状況が続きそうな模様。不定期更新だ、忙しくて書けないだ、なんぞと言っておりましたら、これはもう極端な話、死ぬまで書けません。…ちょっと極端過ぎたかな。
なにより、私如きが忙しいなどと言っていては、本当に忙しい方々にボコられます。やはり何かしら書こうと思ったわけです。

と言って、生来の怠け癖が急に直ろうはずもなく。色々回って家に帰れば、うっかり寝てしまってまた朝、の繰り返しです。

こうなれば、もう根本的に考え方を変えるほかありません。
そう。今後は更新の中心を、携帯等を利用して移動中、ないし外出中にもってきます。意志の薄弱さを技術の進歩に頼る、現代っ子的解決であります。

そんなわけで、今までよりも誤字脱字、尻切れトンボ具合も格段に高まると予想されますが、そういうときの便利な言葉があります。

「ライブ感」。

とりあえず、これ一本で押し切って参ります。
お時間お暇のおありの方は、どうぞよろしくお付き合いのほどを、どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

「帰ったぞ」 言う相手無く メール打つ

妙に単身赴任中のサラリーマン川柳みたいな始まりの上に、
実際はまだメール書いてなかったりするわけですが。
引き続きご勘弁ください(誤った日本語)。

さて。
そんなわけで、日本から台湾に戻ってきました。
正月までの様子を川柳風にお伝え、などといいつつ、
新年は新年で色々な人が会ってくれたので、気づけば台湾です。
結局あまり更新する時間もなく、帰省してた大学生みたいな状況。
…まあ、おおむねそれで間違ってはいないのですが。

日本の皆様もすっかり平日に戻りつつある中、
台湾ではすっかり旧正月間近の年末気分。
日台どちらでも浮きまくった私は、思い切り取り残されております。

仕方がないので、もうヤケクソ気味に、
日本の年末年始をつらつらと振り返ってやることにしました。
タイトル用で考えていた川柳風を、まとめて載せてしまいます。

年末は関東甲信越をさ迷ってましたので、
寒がったり暑がったり色々してますがご勘弁を。
写真は早朝の川中島です。

Gps_077_3

続きを読む "「帰ったぞ」 言う相手無く メール打つ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

早朝移動の日

まあ、早朝と言っても、日本の方にとっては普通の時間ではありますが。
時差一時間ですので、台湾は午前六時。
私の普段のスケジュールからしますと、なかなかの時間であります。

今日はこれから彰化へ向かい、
用を済ませてから南投
夕方には台北へ移動する予定です。

さりげなく書きましたが、台湾一周した時の感覚で言いますと、
まあ100%無理だよなー、と思いつつ書いているような次第です。
一つずつの移動距離が100km単位だし、
近そうに見える場所は、バスが一時間に一本で40分かかるし…。
まあ何とかなるでしょう(ならない)。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

「日式」が出てこない

昨日の記事をご覧になって、
「日式はどうした」とお思いの方は多いかと思います。
そして、今日のタイトルは『ハートのエースが出てこない』とかけているのか、
と思った方、意外と、今の若い人は知らないことがあるかも知れません。
年がばれますのでご注意下さい。

いや、いないか。

気を取り直して。そう。「日式」の文字が出てこないのです。
パッケージを丁寧に見てみた結果、分かったのは、
特に「日式」とは書いていない、ということでした。

続きを読む "「日式」が出てこない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

お詫びして白状します

さて、今日は皆様におわびすることがあります。

第一回の写真。
皆様はおぼえておいででしょうか。

Img_52451s


(クリックすると拡大します)

おにぎりと緑茶のペットボトルですね。

日本で買っても、普通に手に入りそうな組み合わせで、
何の違いも無いように見えるものでした。

ですが、昨日の記事を読み、上の写真と比較してご覧になれば、
私のおわびしたいことがおわかりいただけるでしょう。

続きを読む "お詫びして白状します"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

「日式」はどこにある―はじまり

さて、昨日は一人で盛り上がった結果、
結局鰻丼を食べなかった、という話でした。
ええ、改めて書くと、わかりやすく独り相撲です。
ただ、個人的には初心に返るという意味で、
なかなか重要な体験ではありました。

奇抜な見た目やインパクトある表現は、
確かに興味を惹くのには良いのですが、
こうやって誰にも頼まれずにやっているようなブログですら、
毎日続けている内に、ついついさらに奇抜な物、
さらに珍しい物を紹介していこう、などと焦り、
必要以上に変なもの、一点物の珍しさばかりを追って、
過剰に変わったことの紹介になってしまう危険があります。

本来、当サイトでご紹介していきたいのは、
別にそんな派手な奇抜さではないのです。
台湾の人も別に気にして居らず、
日本の人もちょっと台湾に来た、という位では気付かない、
どうでもいいような細かい違いや、細かいズレを、
ゆるゆるじりじりと見ていくことで、
台湾を、日本をふわふわもろもろとずらして見ていきたい訳です。

続きを読む "「日式」はどこにある―はじまり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)