どこかに点在記

2009年7月26日 (日)

ぬらりひょん生活

ここしばらく、台北のとある友人の実家に寄せてもらっています。

台北で数日かけてやらなければならない用事があり、
毎日ホテルに泊まる訳にもいかないしどうしたものか…などと思っていたところ、
じゃあ泊まれば、と言ってくれた友人に飛びついたものです。

最初は、ただ寝る場所だけ貸して貰うつもりだったのですが、
「どうせいるなら食べろ」と家庭料理までご馳走になり、
宿泊費どころか食費まで浮いています。
週末に至っては親戚の小さな子供たちと遊んだり、
皆で映画に行ったりまでしています。何様だ。

いちおう目的があって来ているとはいえ、それはあくまで出先のこと。
こちらの部屋の皆さんとは別に関係ありません。
親戚でも何でもない男が、こうして毎日当たり前のように混じっている。
それを許容してしまう彼らの度量には恐るべき物があります。

にしても、このつかみ所のない状況や立ち位置。
何かに似ているなー、と思っていましたが、さっき気づきました。

あれです。
そう、「ぬらりひょん」です。

いや、さすがに誰でも知ってるとまでは思っていませんが。
「ぬらりひょん」は妖怪。
「鬼太郎以後」の日本の人間にとっては、
「妖怪の総大将」とか「人の家に勝手に入ってくつろぐ妖怪」
などと言われているものです(江戸時代の文献上には、そんな記述はないようですが)。

親戚でも何でもないやつが、当たり前の顔をして部屋に「帰って」来て、
毎日食事まで一緒に取っている。
これはもう、生物としてはヒトでも、
内実・生態上はほぼ「ぬらりひょん」と言ってよいでしょう。
台湾に来て、ついに人にならざるものになりつつあるような気がする夏です。

もちろん、いずれこの方の一家が日本に来ましたら、
当然ながら十分にお世話しなければいけません。
と言っても、彼らが日本へ来る予定も今のところないので、
現代では考えられないような悠長なスパンの「恩返し」計画ではありますが。

こうした社会的関係を保とうとする意志がある限りは、
ギリギリですが、まだ何とか「ヒト」を名乗っても良いのだと思われます。
とりあえず、我が家の皆さんはそのつもりでよろしく(業務連絡)。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押し
てくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年5月31日 (日)

ということで台北に

います。もう帰りのバス内ですが。

パソコンを見てもらったところ、物理的に壊れたわけではないようだ、とのこと
で一安心。確認費用も無料。えらい。ファイルがいかれたようなので、OS入れ直しはしようかと思います。以上、どうでもいい報告でした。

他にも、出発直前にまた壊れた「無我やさぐれ号」も回収しなければ。せっかく大陸について行った成果もまとめたいですし、おみやげ配りやお世話になった人へメールや手紙も書かねば。

雑事やら大事なことやら、やることは多そうですが、とりあえず、家に帰ったら布団を敷くことから始めようと思います。部屋の湿気が一番の不安事です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

というわけで空港に

いる。

無料で携帯充電ができて太っ腹だ。
電池を取り出しての充電も可能なあたりが素敵だ。

前回の更新の後、空港に近い町まで夜行列車で行くことになった。

その日に予約して、午後九時発車、翌日午後二時着。
睡眠時間確保にはよかったか。

さて時間だ。無事に帰れるか。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年5月29日 (金)

臓腑にしみる大陸

昨日は端午節で休日だった。
昨年は、台湾各地の出身の友人たちが各地ごとに味の違うさまざまな粽をくれて、
うまかった上に食費がずいぶん浮いたものだ。
一年経って、大陸にいるとはびっくりである。

今いるのは、大陸内部の中都市といえる位の町だ。
と言っても、日本の都市とすればベスト20に食い込むくらいの人口なので、
十分にでかいわけだが。

今日は、そんな都市から少し離れた郊外へ出た。
車で十分くらい行っただろうか。

いきなり湿原に出た。

ここ何日かでも通ったような大きな道から、
ほんの一本くらい外れただけで、一面の緑である。
風景のあまりの変化に驚愕した。

しかも、湿原にふさわしいと言うべきか、やたらに水牛が草を食べている。
道を横切る水牛の群れで、車が立ち往生。
対抗車線には黒ヤギの群れがやってくる。
近くの家の軒下で、大量のアヒルのひなが雨宿りをしている。
これが、街から車で十分の光景である。

この、当たり前のように旅人に降りかかってくるでかさが、
大陸らしいといえばらしいだろうか。

まあ、少し偉い人に会ってご馳走になったりすると、
アルコール度40~60度程度の白酒を飲まされるのが、
今回の旅で一番大陸らしさを感じているところだが
(台湾にももちろんあるが、身分の適当なバイク旅行者に、
ご馳走してくれるようなえらい人はあまりいない)。

料理に入っている唐辛子を一本かじったら白酒コップ一杯分、
などの交換制にしてくれないものだろうか。
まあ、唐辛子は唐辛子で嫌だが。

さて、明日からは移動だ。行った先にネット環境はあるだろうか。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2009年5月28日 (木)

先読みとクラクション

相変わらず、同じ街にいる。
一人でなら、そのへんの街食堂に入ったりもするのだが、
手伝いで来ている関係で、なかなか街をぶらつく時間もないのが残念だ。

地元の人いわく、このあたりは隣同士の都市ですら、
会話が通じないくらいに方言に幅があるのだ、とのこと。
すごい違いだ、と思ってはみたが、
冷静に大陸の広さを考えあわせてみると、
隣同士、の意味する距離次第だな、とは思う。

市内地図を買ってみても、台湾や日本の感覚と距離が全然ちがう 。
通り一つ隔てて、の隔て方がkm単位だったりするので、
いくら地図上で近そうでも油断ができない。

そんなでかい街だが、徒歩で移動する人もわりと多い。
基本的に道があったらどこでも横断してくるので、
車は運転していて油断できないように見える。

人と車の関係性として、車は[かもしれないクラクション]が発達しているようだ。
いや、この言葉は勝手に私がつけたものだが。
数秒後に進行方向上に[いるかもしれない]人や動物に対して、
とりあえず目に入ったらクラクションを鳴らしていく、というものだ。
そんなに片っ端から鳴らしたら、驚いたり怒ったりするんじゃないかとも思うのだが、
えらいもので、鳴らされても人も動物もあまり驚かないし、怒らない。
日本に比べて、騒音への耐性が高いか、と感心するような気持ちもありつつ、
まあ驚かないし怒らない、つまり気にしていないわけで、
気にしていないから、つまりはあんまりどかないわけである。
[かもしれないクラクション]の効果のほどは、ガイジンの私にはよくわからないままだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

汗の出る街

今日も大陸のとある街にいる。
いま具体的にどこにいる、とは言えないわけでもないが、
唐辛子辛くて塩辛い味付けの地域だ、とぼやかしてみる。

この料理がなかなか印象的だ。
感覚的に表現すると、

日本で学生時代を思い出して、早稲田あたりに繰り出したとする。
そこで体育会系学生がぎっちりと詰まった小さな食堂がある。
適当な紙に書きなぐったような、一品しかないメニュー。
山盛りご飯と一緒に出てくる料理。
吹き出る汗もぬぐわずに、ガツガツとかっ込むのが作法。

そんなおかずを、毎食食べているような感じだ。
ただ、ちゃんとした料理なので、ガツガツかっ込むのは作法ではない。

さすがの私も、そろそろ胃もたれしてきた。
でもうまいので、毎日もりもり食べる。そしてますます胃もたれ。
要するに、どこへ行っても自業自得な性格に変わりはない。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

四日目(パソコンは壊れ、人は生きる)

ひどい目に遭っている。
と言っても、ほぼ自分の責任なのだが。

ここのページにお世話になることで、
どうにかこうにか日本語が打てている、という状態である。
http://ajaxime.chasen.org/

自分でパソコンを持ってきているのに、なんで日本語も打てないのか。
答えは簡単、持ってきたパソコンが壊れたのだ。
たまに立ち上がるだが、急に止まる。
大部分は、止まるどころかBIOSすら表示できないありさま。
これは、どうもハードディスクがやられたようだ。
バックアップはそれなりに取っていたとはいえ、
やはり憂うつなものは憂うつだ。

まあ、大陸まで来ましたと言っておいて、
パソコンが壊れた愚痴ばかりというわけにもいかないので、旅の話を。

ここ数日は移動が続いていて、いつの間にか大陸の真ん中あたりまで来た。

もうだいぶ前のことだが、大陸を北京から南下して上海まで行ったことがある。
その時の印象に比べて、高速道路がずいぶん立派でおどろいた。
かなり平らで快適だ。
前に来た時から変わったものなのか、
前にひどい道ばかり走っていたのかはわからないが。

サービスエリアに立ち寄ったら、巨大なホテルがあってびっくりした。
えらく高そうだったが 、トラックの運転手などが泊まっていくのだろうか。

そして、高速道路の路肩で、わりと人を見かけたのが新鮮だった。
すごい早さですれ違って過ぎていくので、何をしているかはっきり見えないのだが。
ある人は、植込みに車から投げ捨てられたペットボトルを回収しているように見えた。
ある人は、路肩に車を留めて、立ちションをしているようだった。
ある人は、棒にしばりつけた大量の粽を担いで歩いているようだった。

粽の人は、高速道路を歩く理由が何もないような気はする。
サービスエリア売りに行くのか、ただ近道だから歩いているものか。

何にせよ、危ないので車に気をつけてもらいたいものだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押してくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

初日

05/23(土)
ということで、南京にいる。

何がどう「ということで」なのかは全く不明だが。
いるのだから仕方がない。

今回は、特に自分の意志という物を持たない旅である。
平たく言うと、人の手伝いのようなものだ。
同行者たちの迷惑になってはいけないので、
台湾一周のときのように旅行記形式は取れない。
台湾で見かけたものをぼつぼつ綴る、と言った形にしようと思う。
多少人のことを考えるようになったところに成長が伺える。

今日は、色々あって疲労。
夕方から一寝入りして午後九時に起きる。
近くに夜市がある、とのことなので、徒歩で見に行くことに。
確かに、なかなか盛況な観光的屋台市場がある。

ただ、国際観光地と言うよりは国内観光地の趣だ。
その地域の名産を売って観光客に食べて貰うと言うより、
諸外国や大陸の沿革地域の名物料理を売ったりする屋台も多く、
なるほど、国内の人向けに、週末旅行なんかに活躍する夜市なんだな、と思った。

思ってみて気づいたが、それはほぼ台湾全土の夜市にも共通して言えることだ。台湾全島
単位に視野が広がっているだけで、基本的に国内向けに物珍しさと親しみやすさを振りま
いている。
台湾という地域の国内移動は、それだけの密度で広がっているということか。
やはり、似ているがちょっと違う物を見比べるというのは面白いものだ。
にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
↑ちゃんとした台湾情報はこちら。私もうっかり混じってますので、
一日一回押し てくれると喜びます。一日一善。

| | コメント (1) | トラックバック (0)